ロッカロッコ

パンクロック・メロコア好きの筆者が気に入ったバンドを、邦・洋問わず書き溜めていきます。

【20201208】WAKEFIELD SESSIONS - GOOD4NOTHING

先月のKiss The Worldからちょうど一ヶ月くらいか。グッフォのライブを観れるのは本当に嬉しいな。いつでも本当に嬉しい。

 

ちょっと、ツイッターに書くとタイムライン埋めちゃいそうやし、ていうかライブをしっかり観たかったので、今から覚えてるだけのことを書く。もはや書かんでええんちゃうかという話なのだけど、書かないとそのうちまた爆発して結局ツイッターに書きまくってしまうので、今のうちに書いておく。覚えてる限りのことを。

 

1. 配信始まった瞬間に今日たまたまグッフォのパーカー着てたことに気付いた。無意識のアンテナすごい。相当楽しみにしてた感ある。

 

2. もうSEの河内のおっさんで嬉しい。こないだのKiss The Worldのときは違ったからね。

 

3. 私はセトリ覚えられない芸人で有名なんですけど(圧倒的無名)、覚えてる限り書き出してみる。ゴメン順番はもう全然思い出せない。あとで答え合わせしよう。

 

It's My Paradise

J.C.(大好き)

Let Me Go

FALLING DOWN

Maximize(大好き)

IN THIS LIFE

New Story

Life Will Be Fun

STOMPING STEP

IN MY EYES

Country of my dreams

PROMISE

FOUND

RIGHT NOW(私の朝のアラーム)

Someday

Start It Today

One Day I Just

Get Ready(新曲!!!!!!好き)

Cause You're Alive

Let's Go(まさかのアンコール)

 

4. ちょっともう曲書き出しただけで書きたかったこと大体忘れてもうたな。

 

5. J.C.とMaximize聴けたら優勝。

 

6. ユータンがCountry〜で「パンクロックが好きだ!」って叫んだの、私も〜〜〜〜〜!!!!!ってなった。

 

7. 29ドリュー。ほぼタメやん?

 

8. ユータンの肩から指の先まで全部好き。あんな指さばきをドアップで見せてもらっちゃっていいんですか...////

 

9. ていうか新曲ヤバくなかった? 好きすぎてずっとこんな顔になった(もっと可愛いけどな)

f:id:snowman18:20201208220431j:plain

 

10. デブとハゲは一番傷つく。

 

11. FALLING DOWN「懐かしい曲やるよ〜!」って始まったけどよくアルバム聴いてるので懐かしいのか?となってしまいました。

 

12. てかそういえば3人になってからほぼJ.C.を聴いてなかったかも? 超すき......

 

13. アンドリューが白い犬のぬいぐるみ動かしてたのめっちゃ可愛かったな。

 

14. ちょいちょいタニーの話してくれるの好き。愛されてんだな〜仲良いんだな〜。

 

15. なんか書き出してみると思ったより書くこと少なかった。ただリアルタイムだったらずっと「ウワーーーーーー!!!」とか「好きーーーーーーーー!!!!!」とかツイートしまくってたと思うので我慢してよかった。

 

16. 結局のところ全曲に対してそれ。ウワー&好きー&熱唱&オイッオイッ。

 

17. 崖っぷちのときこそ生きてる感じするってよ。めちゃくちゃかっこいいや。

 

18. なんかもうなんせもう最高やったとしか言えなくね? 好きな曲ばっかでびびったわ。アンドリューが名曲揃いって言ってたのホンマそれって感じやったわ。

 

19. 1ミクロンの隙もなく最高やった。

 

20. まあそもそもグッフォで好きじゃない曲がないってのはある。

 

21. スネさん、スマホいじってたからスティック持ってなくて手でシンバル叩いたね。

 

22. 最後はもうコレしかないっしょって感じだったのでCause〜の歌い出しはユータンと完全シンクロしました。

 

22. なんかこんなに幸せでいいの?って思った。"Everyday is a good day 'cause you're alive." 生きてるって最高だなホント。

 

23. 新曲買い忘れるわけにはいかないので絶対23時まで寝ません。

 

24. よし。セトリの答え合わせするか。

f:id:snowman18:20201208224448p:plain

 

25. 私の記憶力は最初の2曲と最後の3曲しか保たないということがわかった。

 

26. まあでも一応全曲入ってたかな? 抜けてなければ。私にしてはクソレアです。たぶんライブでは踵落としを食らうと全部忘れちゃうんだな。

 

27. 来月ライブ観れるの楽しみすぎるよ〜〜〜〜〜!!!!!

 

 

【20201110】Kiss The World - GOOD4NOTHING

久しぶりどころか3世紀ぶりくらいに更新するので、もうなんていうかイントロダクションとか枕詞とかそういうのわからないので、そのまま書くけど。

f:id:snowman18:20201110223120j:plain

 

「Kiss The World の完全再現ライブをやるよ」と発表されたのが先週くらい。もうそれから超〜〜〜〜〜楽しみで。楽しみで楽しみで。楽しみすぎてもう今日の仕事とか体調不良とかどうでもよくてルンルンで。今日はもう夜は仕事しないぞと決めて、本業終わって即ごはん食べて食器洗いして、ドキドキドキドキソワソワソワソワしながら待った。

 

イントロ流れてもう嬉しくて嬉しくて。最初の『It's My Paradise』流れた瞬間に号泣した。話盛ってるとかじゃなくて、ガチで「アア〜〜〜〜〜!!!!!」って叫んで泣き出した。もちろん「レッツゴー!!」も叫んだ。3人体制になってからのライブでも聴いてはいたけど、「Kiss The World」の最初と思うと、やっぱりクソ泣いた。

 

実はこっからしばらくはずっと泣いていたので、1/3くらい画面は見えてない(目が開かなかったり涙で滲んだりしていた)。でも2曲目の『The Rainy Season』は実は私のめちゃくちゃめちゃくちゃ好きな曲で、昔はグッフォで一番好きな曲を聞かれたらコレと答えていた。ほとんど聞かれたことないけど。

まあそういうわけで、でもあんまりライブで聴ける曲ではなくて、ここ数年もう聴いた記憶がなかったので、超超超超嬉しかった。あと当たり前やけど、アルバムの曲順で聴けるライブってのもなくて、でも私は何度も何度もこのアルバムを聴いてきたので、そのまま流れてくるってのが感動だった。

 

『Let Me Go』は、個人的に、結構変わったなと思ったのだけど(そう聞こえただけかもしれんけど)、変わってめちゃくちゃかっこいいと思った。コーラスがバチバチにかっこよすぎる。ユータンが高いとこ歌って、マッキンが低い声で、めちゃくちゃ良かった。と思いきや、サビの掛け合いではマッキンが高い声で、マッキン、あんな声低いのに、高い声で! 高いのと低いのと、高いのと高いのと、また高いのと低いので、めちゃくちゃ良かった。めちゃくちゃ、良かった。(語彙力)

 

反対に『Opportunity All Around』は、あまり3ピースでもめちゃくちゃ変わったなという気がせず、もちろん決して悪い意味ではなく、やっぱりかっこよかった。私ギターはあんまり分からんのやけど、これはやっぱりユータンがめちゃくちゃアレンジを頑張ってくれたということなのだろうか。これをギター1本でやるのは本当はめちゃくちゃ大変なことやったりするんやろうか。

あと"opportunity"と"possibility"と"people you've never seen" の発音がキレイになってた。と思った。個人的に。

 

ここで一回目のMCに入るわけなのだけど、この時点でまだ私は泣いてます。なぜなら最高だから。

これは3ピースになってからの「Kiss The World」再編ということで、4ピースから3ピースへ組み替えるというひとつの挑戦でもあって(私が偉そうに言うことではない)、ユータンのギターを聴いたり、マッキンのボーカルを聴いたりするのも、なんていうかもうまあ涙なんやけど。

同時に、このアルバムが出たときってのはドラムもまだカワジンやったわけで。このアルバムって全然ライブでやってない曲も多いなと思ってて、そういう意味では、スネさんがこのアルバムのドラムを叩いている、今この3人で「Kiss The World」をやってくれているというのも、ここまで私の涙が止まらんかった理由に+1って感じだった。

 

なので、ここのMCで、4ピースから3ピースになったこととか、当時のメンバーが2人しか残ってないこととか、そういうことを触れてたのも、ファアーーーってなった。

で、ユータンが「いよいよ辞める理由もなくなったので最後までよろしくお願いします」って、う、ここでまた泣いたよなあ〜〜〜〜〜絶対やめないでくれ!!! 何があってもずっと走り続けてくれ!!! うう、こちらこそ、よろしくお願いします!!!

 

からの、「タニやんが作った曲もやるよ?」で、また泣いた。この流れでそんなこと言われたら、泣くよ私は。最初からずっと泣いてるけど。続けてくれて本当にありがとう。

 

でも次の『Turning』からはちょっと涙止まった。なにこのギター? メロディーはいつも聴いてる感じなんやけど、なんか、手すごない? いつもこんなんやったんか? 分からん、元からすごかったんかアレンジしてすごいことなったんか分からへん。びっくりほんでマッキンめっちゃ歌うやん、めっちゃ歌ってるやん、めちゃくちゃ歌ってるやん!! めちゃ練習したんかな。でもそらするよな。嬉しいよ。。嬉しいよ!!!!!

『Misery』もユータンのギターなんかすごすぎて、てかなんか2台が1台にまとまってへん?みたいな感じというか、ギターソロとかも、なんか勝手に「ほんまにこれ弾けるん?これ弾きながら歌えるん?」ってコッチがドキドキしてもた。もともとこのアレンジやったら申し訳ない。

 

『Shouting My Heart』はツアーでも全然やってなかったんちゃうか、って言ってたけど、なんせ楽しそうでテンションが上がった。原曲との違いあんまり分からんかったけど、ボーカルとコーラスはやっぱ全然違うって思った。最初のコーラスもめちゃくちゃよかったし、Aメロとかもこの声まじでマッキン?ってなったし、最後の3人で歌ってんのもなんていうの、こういうの、胸が熱くなるっていうの。すごいよ。

お察しの通りちょっとまた泣いて『Summer』に入るわけなのだけど、この曲は正直ほぼ全然原曲との違い分からなかった(ユータンがタニーのとこ歌ってたくらい?)。

 

で、二回目のMCの最初にマッキンが「すごい緊張感や」って言ってて、先ほど私は『Misery』で勝手に緊張してたのだけど、あ〜演るほうも緊張してるのか、と思った。なんか、こういうとこでも気持ち伝わってくるような気がするね。

まあMC、マッキンのハゲ外来の話しかしてへんねんけどね。『Misery II』とか言って40過ぎてからの曲とか作ってくれへんかな笑

 

まあまあ大きめの音でヘッドホンで聴いてたけど、ユータンが「できるだけ大きい音で聴いて」って言ったから、動画の音量もパソコンの音量も両方マックスにした。

 

そしたらそのあとの『Good Bye My Love』がカッコよすぎて。この曲もめちゃめちゃ好き。パンクバラード、めちゃくちゃ好き。ドンッ、って重く速くなるところも本当に好き。最初から爆音で聴いときゃよかったと思って、実はこれを書きながらもう一回頭から音量マックスでリピートしている。最速アーカイブ視聴。

『In The Mosh Pit』はもうこれはもうライブの定番なんで、相変わらずかっこよかったですけど。この曲はもう完全に3ピースの形でまた出来上がったな、と思った。なんていうのかな、聴き慣れてるってのもあるかもしれないけど、3人とも楽しそうやな、って思った。

 

No More Heroes』も、めちゃくちゃかっこいいなって、このあたりずっとニコニコしながら聴いてたけど。No More Heroes ってタイトルやけど、私にとってあなたたちはずっとヒーローですよって、中学生の頃に出会えて本当によかったって、最初に買ったのがこの「Kiss The World」やったって、ずっとこのバンドを好きで本当によかったって。そんなことを考えながら聴いてたらまたもうめちゃくちゃに泣いちゃった。

 

からの『My Favorite Song』で呼吸困難なるぐらい泣いた。泣き過ぎやろ。鼻水めちゃくちゃ出るし。

さっきのMCと、この曲が終わったあとにも、ユータンが「一回出来上がったと思ったものを、潰して、もっかい組み直して、人生ってそういうもんなんやな」みたいなことを言ってて。まさにこの曲やんか、って思った。それは今回の、このアルバムの再現だけではなくて。ここまでいろんなことのあったこのバンドが、それでも音を鳴らすことを止めずに、「崩れたらもっかい積んだらええねん」って。そういう力強さとか、安心感とか、優しさみたいなものがあるから、私はずっとこのバンドを好きなのかな、と改めて思った。

 

最後は『Cause You're Alive』で。この曲も、3人になってからのライブでも聴いたけど、やっぱり好きやなあ。と文字にするとめっちゃ冷静に見えますが、1曲目イッツマイパラダイス同様「ウアーーーーーーーー!!!!」「レッツゴーーーーー!!!!!」「ウゥ、ウァア!!!!」とか泣き叫びながら歌ってますからね。さすがに隣人びっくりしたかもね。まあいいか同じ階に私以外1人しか住んでないし。すごい楽しかったし、すごい泣いたし、やっぱりすごい楽しかった。

 

アンコールがないのはちょっと寂しかったけど、Kiss The World 完全再現やからこれでいいねん。アルバム最後の『It's My Paradise - TANNY MIX』として入ってるやつは最初のSEで聴けたからね。

何度も何度もこのバンドのライブを観てきたけど、まだこんなに新しい感動を与えてもらえるんだなと思った。し、このバンドのことも、このアルバムのことも、もっともっと好きになった。

 

というのはちょっと嘘かもしれない。なぜならもう前からすでにめちゃくちゃめちゃくちゃめちゃくちゃ好きだから。だからこんなに楽しみにしていたし楽しんだし泣いたし半年以上ぶりに文字にして書き記そうと思ったのだから。

あと、本当は、最初に買ったアルバムは「Kiss The World」と「TIME TO GO」の2枚です。ネットで聴いて非常に好みのバンドだったので2枚一気に買いました。「Kiss The World」だけめちゃくちゃ思い入れあるみたいな言い方してすみませんでした。

 

いや思い入れはあるよ!!!!!

 

そろそろツイッターの民に戻ります。ではまた。

 

 

【11/17追記】

 

アーカイブが消える前にもう一度観た。今日は泣かなかったのでしっかり画面を観た。

 

『The Rainy Season』はやっぱりかっこよくて、ギターとベース観てたらますますかっこよくて。画面録画しようかと思ったけど、ライブと同じで、限られた時にしか観れないこその良さもあるからな、と思ってやめた。そのぶん画面を食い入るように見つめてたけど、やっぱり『Turning』のギターはどうなってるのか分からなかった。

 

『In The Mosh Pit』で、スネさんが楽しそうに笑ってたのが見えた。『Cause You're Alive』のサビ、「Let's go」も「Here we go」も叫んでくれてるのちゃんと聞こえた。

スネさんといえば、こうやってじっくり観てて、ほんと無駄のないドラムだなと思った。ダイナミックでありながら緻密。最小限の動きで最大のパフォーマンスというか、もう、シンプルにやっぱ「上手ぁ」と思った。

絶対セックスも上手いやんと思った(台無し)

 

緊張してるって言ってたマッキンも最初から最後まで楽しそうに動いてた。ユータンの笑ったときの口元のシワがすごく好きだなと思った。楽しそうに演奏してる姿を観るのが一番嬉しいし、楽しい。

 

今回のライブで『My Favorite Song』の良さを再認識した。ある意味、このライブで一番心に響いた曲やったなとも感じる。こういう曲を書いてくれる人だから、今もこうして進み続けてくれるんだなと思う。

変な言い方やけど、人生で一度も「性格悪そう」と思ったことのないバンドマン一位、U-TAN。いつも笑顔なその姿に元気もらってます、ありがとう。

 

明日も仕事がんばろ〜!

【ライブ日記】ナードマグネット 「待たせたなツーマン -東京編-」@ 3/1 SHIBUYA CLUB QUATTRO

f:id:snowman18:20200301233423j:image

いや〜、ライブ・フェス日記書くの、半年以上ぶりじゃないですか?  ほぼほぼ1年ぶりくらいかもしれない。ライブ自体は時々行ってたけど(最近全然行ってなかったけど)、ブログ書いてなかったからね。

まあそんなこんなで、行ってきましたナードマグネット「待たせたなツーマン」東京編。対バンはw.o.d.。

 

【プロローグ】

w.o.d. のことは前から気になってて、「1994」のアルバムが出たときにちょっと聴いてかっこいいな〜と思ってたんですよね。だからこのツーマン発表されたとき、クソ行きたくない?と思って、でもマジライブ行ってる場合じゃなくない私?と思って、生活費足りてなくない?と思ってたんですけど、まあクソ行きたくて、結果行っちゃいました。

 

※「ナードじゃなくてw.o.d.聴きに行ったの?」と思われた方へ。ナードマグネットを愛していることは前提で話を進めています。

 

コロナウイルスの感染拡大でいろんなライブが中止になってる中、このライブも開催危うくて、それでも須田さんがやるって決めてくれた。

決行するのも中止にするのも、どっちも本当に大変な決断やと思う。だから中止を選んだバンド達のことを思うと、私は決行することが「正しい」とは言い切れないし、他のバンドもそうすべきとは必ずしも思わないのだけど。

 

でも今日須田さんがMCで言ってたように、現時点では正解も間違いもない。個人的には、バンドが悩んで悩んで出した結論なら、それが決行であれ中止であれ、どちらも「正解」だと思っています。

だからただ一言、「今日あの場に居させてくれて本当にありがとう」と言いたいです。というのが私の気持ち。

 

では前置きが長くなりましたが、そろそろ本編へ。

 

【w.o.d.】

さっきも言ったけど、w.o.d.は前にちょっと聴いたくらいだったので、昨日今日ぐらい予習的な感じでずっと聴いてた。で、そのまま今日ライブ観た。

 

あ〜〜〜の〜〜〜、ヤ〜〜〜〜ベェっす。

 

音量「爆」って感じ。演奏「圧」って感じ。ライブ「強(つよ)」って感じ。バイタリティが生き物の頂点に君臨してる奴のそれ。

ボーカル、ギター、ベース、ドラムが全部100で鳴ってる。小細工一切なし、無駄が全部削ぎ落とされてる。全力を手加減なしでぶつけてくる。

 

ただすごいのは、フルで鳴らしてるのに、すげえ上手いんよな〜。音源聴いたとき「荒いのに整ってるな」って思ったのはそういうわけか。

 

まず歌がクソ上手い、音ぜんぜん外さない。コーラスがないので声はこれ一本。だから図太いけど、形の整った図太さって感じだった。

次にベース。個人的にw.o.d.の何が一番好きかってベースの音。バリバリの歪んだ爆音。弾いてるの見ててもめちゃくちゃ「鳴らしてる」って感じやった。

で、ドラムもすげえ。あんなに肩上げてしっちゃかめっちゃかなほどに叩き込んでるのに、全然テンポが狂わねえ。なんや。人間ペースメーカーか。どうやったらあんな演奏できるねん。

 

無駄を削ぎ落とした、っていうのはMCにも言える。MCほぼ無かった。雑談ゼロやった。まあそれについては「MCで喋れることがあんまりない」って言ってるインタビューを最近読んだんですけど、ホンマや!って感じでした。曲だけに全力集中してるからこんなライブできるのか。すごいな本当。

次世代グランジスター、w.o.d.の等身大 セカンドフルアルバム『1994』完成! - インタビュー&レポート | ぴあ関西版WEB

 

ちゃんと聴いたのなんて最近やし、ライブも初めてやったのに、めちゃくちゃ頭も体も揺れたし、『May Day』とか『1994』とかは腕上がってもうた。

あと、『サニー』の最初でギターとベースが向き合って弾いてて。これはちょっと繊細めな曲で。ふたりは中学生のときから一緒にやってるらしいけど、これからもこのふたりがずっと一緒にバンドをやってくれたらいいなと思った。バンドって本当、奇跡だからね。

 

てな感じで。w.o.d.最高でした。

 

【ナードマグネット】

えっ、ナードの感想いる?「最高でした」しか言えへんねんけどいける?  頑張っても「ホンマに楽しかった」「行けてよかった」「嬉しい」「好き」ぐらいしか言えへんねんけど大丈夫?

 

せっかくなのでもうちょっとちゃんと頑張ります。わざわざ久しぶりに日記書いてるからね。w.o.d.の感想で疲れたわけではありません、決して。

 

いやでもなんていうの。今更ナードに関して「演奏が上手かった」とか「ともにゃんが可愛かった」とかもなんか違うじゃないですか。まあ強いて新しい情報を伝えるとしたら、私が「ライブ中5回泣いた」ってことかな。

ヤバくない?  こんなに泣いたのはGOOD4NOTHINGからTANNYが脱退したときのライブとそのあと初めてスリーピースでのライブを観たときぐらいかもしれない。いや、ウルッとくることはよくあるねんけど、ガチ泣きは本当久しぶり。泣いて歌えんなってもうた。

 

まず泣き①。『MISS YOU』。

もしもまた会えたならば

本当のことを言うからさ

君の話も聞かせてよ

ねえ、いつかわかるかな

ハァ〜〜〜〜〜〜??????  ふざけんなよ。なんでこんな曲やるねん。めっちゃしんどいわ。普通に泣いたわ。演ってくれて本当にありがとう。大好き。(情緒不安定)

 

泣き②。『家出少女と屋上』。

鳴らないマイ・セルフォーン

彼はもう来ないなあ

やめろって。傷えぐってくんなって。

忘れたい思い出ほど

消えてはくれないの

いやほんとやめてって。しんどいって。

 

でもなんでそれでもこの歌が良いかというと、最後にちゃんと生きることを選んでいるから。

「死ねない」ってのは、裏を返せば「生きる」って選択でもあって。ホンマ全部終わりになったらいいのに、って思うようなときでも、この曲聴くと「とりあえず、もうちょっと頑張ってみるか」って思わされる。すごいよな歌って。

 

泣き③④⑤。最後の『Mixtape』からの『THE GREAT ESCAPE』からの『HANNAH / You Are My Sunshine』。

いやもうこれは須田さん私のことピンポイントで泣かしにきてるっしょ。だって私『Mixtape』と『THE GREAT ESCAPE』が大好きっていつも言ってんじゃん。『HANNAH〜』聴きながら部屋でひとりでめっちゃ泣いてんじゃん。まあ全部須田さんは知らんわけやけど。

 

上に挙げたやつ以外でも、なんせ好きな曲をいっぱいいっぱい聴けたので、アンコールのときに須田さんがせっかくリクエスト受け付けてくれてたのに、頭まっしろで一個も出てこんかった。あれもやったしこれもやったしどうしよ、みたいな。あー、『グッバイ』とか言えばよかったな。(自ら傷を抉りにいくスタイル)

 

あとアンコールといえば謎の一曲あったな。最初のとこ聴いて『Across the Sea』オマージュかと思ったわ。歌詞ね。でも途中うまく聞き取れなかったから全然違うのかもしれない。あ〜てか『いとしのエレノア』とかもリクエストすればよかったな〜。Why are you so far away from me〜♪

詳しいことは聞くなと言われたので何も聞かないけど、ハッピーなことやったらいいなあ。特別な一曲とのこと、聴かせてくださってありがとうございました。

 

あと、今日の『FREAKS & GEEKS』ネタは『The Good Life』サンドでした。マジブチクソテンション上がった。(ブチクソって言葉が低レベル過ぎてiPhoneに「ブタクサ」に変換された)

ナードのライブはウィーザー聴いてるとより一層楽しめることが多いよね。さっき上に書いた『Across the Sea』もやし、『Photograph』もリハでやってるの何回か聴いたし、前行ったライブは『Dope Nose』やったし。大好きなバンドが大好きなバンドをカバーしてるのは本当にテンションが上がる。

 

その他の新発見でいくと、いっつも「ふじいさんのノールックギターソロの変顔おもろいなあ」って思ってたのが「いやあれ、めちゃくちゃ気持ちいいんちゃうか?  めちゃくちゃ気持ち良さそうにギター弾くやんけ!」という見方に変わったこととかかな。ナードの曲だいたいギターソロ入ってるから、毎曲かっこいいな〜と思いながらギターソロ観てる。

それとBGMがたぶん須田さんが作ってたパワーポッププレイリストのやつで、全曲知ってるやつだったので、待ってるあいだもずっと楽しかった。こういうのも嬉しいなあ。

 

まあそんな感じです。今日は後ろのほうで大人しく観ておくつもりだったので、普通に前のほうでノリノリになってしまったのは予想外に疲れてしまいましたが。ちゃんと帰ってから手洗いうがいもしました。これ書き終わったらお風呂入ってさっさと寝ます。

……でも、残念なことに、今日のライブで持病が悪化してしまった。あの、すださんへの恋の病なんですけど(やかましいわ)

 

以上!

しっくりきてない、の本意

4人のときのほうがよかった、とかそういう意味じゃないんです。

 

実のところ、1年経つ今でも、まだ私のなかではあんまり実感が湧いてないんです。ひとつには、3人体制になってからのライブに全然行けてないこと、もうひとつには、今もずっと4人のときの音源を聴いているということ。

なんとなく、3人体制を「最高!かっこいい!」って言ってしまうことが、4人のときの彼らを、否定とまでは言わないけど、切り捨てるってのも変やけど、なんていうのかな。なんていっていいか分からんけど、まだちょっと怖い、みたいな気持ちに近いのかな。

 

全然そういうのじゃなくて、前は前、今は今、それぞれカッコイイ、っていうのも分かってるんやけど。なんていうかそれが、ある意味、別のバンドみたいに思えちゃうっていうかね。

ユータンも大好き、マッキンもスネさんも好き、でもタニーも大好きやったからさ。

 

でもせっかくさ、タニーが新しいこと始めてさ、グッフォは3人で前に進んでくれたんやからさ、1年経って、こんなとこで私がぐじゃぐじゃ言うようなことじゃないんですよ。ただちょっと、1年経つんだなって、思い返して、寂しくなっただけ。

 

早くまた3人のライブを観に行って、やっぱグッフォは最高やな!いつ観てもかっこいいな!って言いたい。し、早くまたバンドでのタニーを観て、やっぱタニーはかっこいいな!最高やな!って言いたい。

 

なにも否定したかったわけじゃない。今と前を比べてるわけでもない。ただちょっとセンチメンタルになっただけ。おセンチなお年頃。。。

まあ、分かってほしいとは思わないけど、誰かがちょっとでも同じような気持ちでいてくれたらな、とは思うけど。

【バンド聴いときゃ英語はイケる】第2回《blink-182『What's My Age Again?』で学ぶagainの使い方》

どうも。Yuppieです。知らねえよってね。うるせえな。

 

今日は第2回、代表的ポップパンクバンド《blink-182『What's My Age Again?』で学ぶagainの使い方》です。

 

againくらいはみんな知ってると思うんですよね。「ふたたび、また、もう一度」ですね。シーユーアゲインのアゲインね。dustboxの『We Will Surely Meet Again』の again ね。monoeyesの『Do I Have To Bleed Again』のagainね。

 

で、今回紹介するブリンクの曲名に含まれてるageはここでは「年齢」のことなんですが。

(ちなみに age は時代って意味もある。そうするとAge Factory は「時代を創る」みたいな意味を込めてるのか?!と思って調べたらそれは後付けらしい。詳細はWikipediaなどでシクヨロ)

 

話は戻って。againは「もう一度」、ageは「年齢」、じゃあ『What's My Age Again?』は「私の年齢はもう一度なに?」ってこと?  どゆこと?

ノンノンノン。このタイトルは「おれって何歳だっけ?」ってな意味合いです。

 

イメージとしては、この文末につける again は「もう一回言って・教えて」みたいな感じで、「〜だっけ?」って意味で使われることが多いかと。

たとえば "Where do you live again?" なら「またどこに住むの?/今度はどこに住むの?」ではなく、「どこに住んでるんだっけ?」となります。

 

この曲は「彼女とイイ感じになってパンツ脱がされてるときにテレビ付けてもうてフラれたわ、でもテレビおもろいやんけ」とか「オカンに非通知から『警察です、旦那さんが逮捕されました』って電話したけど切られたわ、でもドッキリおもろいやんけ」みたいなしょーもないことが歌われてて、で、サビの最後に

My friends say I should act my age
What's my age again?

と、曲名が出てくるわけです。《年相応な振る舞いをしろと友達は言う/俺って何歳だったっけ?》みたいなね。

 

MVもほんと「うんこ!」で笑ってる小学生クオリティみたいな感じなんですけど、うん、わかる。

しょーもないことってずっとおもろいねんもんなぁ。何でやろなぁ。めちゃくちゃフルチンやもんなぁ。フルチンのオッさんめちゃくちゃ走ってるもんなぁ。ほんまこういうしょーもない下ネタってずるいよなぁ。絶対わろてまうもんなぁ。

 

そういえばフルチンで思い出してんけど、小学生のころ友達んち遊びに行ってみんなでゲームしてたらそのうちのひとりがトイレ行くって言い出して、なんかみんなで行く感じなって...…Wait, what was this post about again?(えっ、この記事って何の話やったっけ?)

 

みたいな感じで使ってください。あと『What's My Age Again?』聴いてね。ではまた次回。

【バンド聴いときゃ英語はイケる】第1回《ELLEGARDEN『Space Sonic』で学ぶwish仮定法》

どうも。ロッカロッコ (Yuppie)です。

 

てかこの「ロッカロッコ (Yuppie)」ってのめんどくさいから次回からYuppieにします。ロッカロッコというブログを書いてるYuppieって人です。よろしくお願いします。

 

てなわけで今回は《ELLEGARDEN『Space Sonic』で学ぶwish仮定法》です。

 

「そもそもwish仮定法ってなに?」って人もいるかなと思うんですけど、ひとことで言えば「〜やったらいいのになあ」っていう願望・妄想ですね。

大事なのはこれがあくまで「願望・妄想」であって、「現実にはそうではない」ってとこです。

 

(※ちなみに「wish仮定法」なんて言葉はない。便宜上略しましたが「wishを使った仮定法」のことを指してます)

 

さて、具体的に歌詞のどこの部分かというと。

 

I wish you were here

君がここにいてくれたらいいのに

 

サビ前の1文ですね。

えっ?!ピンポイントすぎん?!ちなみに最初からここって分かってた人は天才なのでもうこの記事読まなくていいです。

 

さっき伝えたとおり、wishを使った仮定法の意味は「〜だったらいいのに」です。【I wish + 主語 + 動詞】この形です。「〜だったら」って言ってるので、動詞の部分は過去形になります(ココ重要)。

 

さっきの "I wish you were here" をバラしてみると、

 

I wish → 私は願う(〜だったらいいのに)

you → 君が(主語)

were → いた(動詞の過去形)

here → ここに(その他具体的な情報)

 

となりまして、繋げると「君がここにいたらいいのに」となります。

 

他の文章を作りたかったら、まあ文法構造を覚えてしまってもいいんですけど、とりあえず "I wish you were here" を覚えといて単語を入れ替えてってもいいんじゃないかなとか思います。

例えば「お母さんが家にいたらいいのに」だったら、さっきの「君」と「ここに」を以下のように置き換えればいいです。

 

I wish → 私は願う(〜だったらいいのに)

my mom → お母さんが(主語)

were → いた(動詞の過去形)

at home → 家に(その他具体的な情報)

 

⇒ "I wish my mom were at home." となります。

 

※「my momのbe動詞はisだから過去形はwasじゃないの?」という疑問を持った方はするどいですね。

wasでも間違いじゃないのですが、基本的にwish仮定法では、主語に関わらずbe動詞はすべてwereが使われることが多いです。これは仮定法だけの話です。

 

なお、このwish仮定法は、同じくELLEGARDENだと『So Sad』とかにも登場します。サビの最後、"I wish you knew that I'm yours until I die." 分解すると、

 

I wish → 私は願う(〜だったらいいのに)

you → 君が(主語)

knew → 知っていた(動詞の過去形)

that I'm yours until I die → 僕は死ぬまで君のものだと(その他具体的な情報)

 

⇒「僕は死ぬまで君のものだと、君が知っていてくれたらいいのに」

 

ってな感じです。でも実際の細美さんの日本語訳では「僕は死ぬまで君のものだ」だけになってます、たしか。

自分の思いを訴えているけれど、本人にはそれが届いていない。それが英詞からは伝わってきて、やっぱ細美さんの詞ってかっこいいなあ。

 

それでは今回はまとめがてら、最後に私の願望を書いて終わりにしたいと思います。

 

I wish my husband were Takeshi Hosomi.

夫が細美武士だったらいいのに。

 

細美さん結婚おめでとう。ではまた次回!

【バンド聴いときゃ英語はイケる】プロローグ《バンド聴いときゃ英語はイケる》

どうも、ロッカロッコ(Yuppie)です。

いや〜また突然どうした?って思われるかもしれない。なのでちょっと前置き用にまずこの投稿をしたい。

 

私は中学のときにバンドにどハマりした人間で、青春時代はほとんど英詞のバンドばっか聴いてたんですね。

それ以来ずっと英語が好きで、大学時代にはいちおう英検1級とかTOEIC900以上とか取れるくらいには英語力が伸びました。(これは自慢したかったから書いただけ)

 

で、実はぁ、ここ数年ずっと地味にやりたかったことがあってぇ。

まあバンドも英語も好きなんですよ、私。だからなんかバンドと英語のこと一緒に書けたらなあとか。バンドも英語も好きになってもらえるようなことやれたら楽しいよなあとか。そんなこと考えてて。

 

「あ、じゃあバンドの歌詞使って英語教えればよくない?」

って思って。私自身がバンドの歌詞で英語学んできた人間なので、同じようにバンド好きな人が英語好きになってくれたら嬉しいし、英語勉強したい人がバンド好きになってくれたらそれも嬉しいし。

 

そんなこんなで【バンド聴いときゃ英語はイケる】というタイトル(雑)で、英語についてをこれからいろいろ投稿してみようかなと思います。教えるというよりは、たぶん英文法解説とかフレーズ紹介とかただ思いついたことを書いていくだけなのだけど。

 

スローペース更新になりそうですが、気が向いたらちょこちょこアップしていこうと思いますので、皆様も気が向いたらちょこちょこ読んでみていただけたら嬉しいです〜。

 

それでは。