ロッカロッコ

パンクロック・メロコア好きの筆者が気に入ったバンドを、邦・洋問わず書き溜めていきます。

【第九十五回】Andrew McMahon in the Wilderness - Fire Escape

今日はとあるCMソングの紹介。Andrew McMahon in the Wilderness  で【Fire Escape】です。

 

www.youtube.com

 

Andrew McMahon(アンドリューマクマホン)

アメリカ・カリフォルニア出身のシンガソングライター。生まれはマサチューセッツとのこと。ジャンルはオルタナかな。

「Andrew McMahon in the Wilderness」名義での活動は2014年から。元 Something Corporate、Jack's Mannequin のボーカルです。(Something Corporate についてはコチラ↓)

 

今回紹介する【Fire Escape】は2016年リリース、Andrew McMahon in the Wilderness 名義ですね。パナソニックの100周年記念CMのソングに抜擢されてます。だからか動画も日本語字幕付き。こういう字幕つける仕事がしたいんだけどな。笑

初めてCMで聞いたときから「めっちゃいい曲やな」とは思ってたけど、Something Corporate のボーカルやったと知った時は「うおおおお!」ってなった。天才かよこの人!天才だよ!

 

私はSoCoがすごい好きだったんだけど、この曲は完全にポップパンク要素が抜けてるね。全然違う、言われないと同じ作曲者って分からないな。見た目の印象も変わってるし。言われてもそれほど似てるとは思わないけど。笑

そもそも間に Jack's Mannequin を挟んでるから、そこでも結構変化があったのかもしれない。このバンドについてはまだ聞けてないので、詳しくは分からないけど。でも SoCo と違うものを作るために始めたバンドだった気がするから、ここで大きな転換があったのは間違いないと思います。

 

でもこの【Fire Escape】、間違いなく美しいメロディーライン。ピアノボーカルも健在。しいて言うならその部分は残ってるよね。透明感のある曲。

ピアノに加えてシンセサイザーもあるのかな?と思ったけど、やっぱ多分ピアノだ。鍵盤の音って目立たないようで、結構しっかり聞こえていて、あるとないとで全っ然変わるよね。当然っちゃ当然ですが。

 

サビは音も多くて華々しい盛り上がりなんだけど、それでいて曲全体として柔らかさがあって。テンポもあるかもしれないけど、やっぱりそれにはピアノが大きいなと思う。パンクロックとはまた違った形で、自然に体が揺れる心地よさ。

歌詞も含めて「甘さ」のある曲なんだけど、それでいてもたれない。いい意味で大人の落ち着きがある。だから「ナンバーワンはキミなんだ」っていう言葉も、抵抗感がなくスッと耳に馴染むなと思います。

 

このアーティストを抜擢したパナソニックも素敵!次に家電買うときはパナソニックにします!それではまた明日。

 

Zombies on Broadway

Zombies on Broadway

 
ファイヤー・エスケイプ ~きみがいる世界

ファイヤー・エスケイプ ~きみがいる世界

  • provided courtesy of iTunes

 

【第九十三回】Zebrahead - Worse Than This

さて、本日は Zebrahead を紹介したいと思います。その理由は、前回の投稿を読んでくれた方は察しているかもしれない。。。そうでない方には「headつながり」とだけ言っておきます。曲は【Worse Than This】。

 

www.youtube.com

 

Zebraheadゼブラヘッド

アメリカ・カリフォルニア出身の5ピースバンド。ジャンルはポップパンク、ミクスチャーロック。ラップとか入ってます。

結成は1996年。2004年に一度ボーカルが変わってます。

 

 

いや〜、そうなんですよね。本当は私が求めてたのはこういうポップパンクサウンドなんだよね。radio と zebra じゃ全然違うのにね。

17歳の私は何を間違えたんだろう。でもおかげで Radiohead に出会うことができたから良かったよね。(ポジティブ)

 

というわけで Zebrahead はポップパンクにヒップホップ要素が入った、ミクスチャーロックバンドのひとつ。このバンドが好きな人は、Sum 41、Good Charlotte あたりも好きなんじゃないかと思います。

本当は【Anthem】を紹介しようと思ったんだけど、YouTube開いたら【Worse Than This】が出てきて。実はこの曲知らなかったんだけど、聴いてみたらめちゃくちゃかっこいいじゃん!

 

2015年に発売された『Walk The Plank』というアルバムから、先行シングルとしてリリースされたみたいです。ちなみにこのアルバムはアメリカより先に日本で発売されてる。

ラップが入ってるとはいっても、王道ポップパンクだなあ〜!って感じ。安定感がある。パンクバンドに使うのもちょっと変な言葉かもしれないけどね。一言でいうなれば、超好みです。

 

なんでもそうだけど、新しいもの・斬新なものは評価されやすかったり、話題を呼びやすかったりする。メディアにとっても、今までと違うもののほうが記事を書きやすいよね、多分。

だから最近だと、どちらかといえばオルタナバンドのほうが注目されやすいような気はしています。オルタナって、常に違うから。

 

逆にパンクはさ、あんまり「新しい」とかってないと思うのね。特に「ポップパンク」っていうジャンルになるとなおさら。今までにないものを作れば、多分「ポップパンク」じゃなくなってしまう。

でも私は「ポップパンク」が大好きだから。いつまでもずっと「あ〜これぞポップパンク!」っていう曲を作り続けてほしい。そういう意味では、結成20年になる2015年に、この【Worse Than This】という曲がリリースされたのはとても嬉しいことだなと思います。

 

きっと、パンクで育った子は一生パンク。メロコアキッズは一生メロコアが好きだと思う。だからパンクバンドにも、一生パンクでいてほしいなあと思うのでした。おしまい!

 

ウォーク・ザ・プランク

ウォーク・ザ・プランク

 
Worse Than This

Worse Than This

  • provided courtesy of iTunes

 

【第九十二回】Radiohead - Creep

さて、第九十二回。今回は「92」にちなんで、1992年リリースの名曲を持ってきたよ。Radiohead で【Creep】。

 

www.youtube.com

 

Radioheadレディオヘッド

イギリス・オクスフォード出身の5ピースバンド。ジャンルはオルタナ。インディーロックかなとも思うけど。

結成1985年。ロック好きなら誰しも名前は知っていそうなバンドですね。

 

個人的には、めちゃくちゃ聴いたかというと実はそうではないんですが、でもベストは持ってる。こないだ久しぶりに聴いてて。でもよく見たら iTunes に「Disc 1」って書いてるんですよ。

「なんで2入れてねえんだよ」って思ったら、Disc 2 は Special Edition にしかないらしい。私は通常盤を買ってたんですね。(ちなみに当時17歳、本当はZebraheadを聞きたかったのに間違えて買ってしまったのは秘密。)

 

 

今回紹介する【Creep】は、彼らのデビューシングルであり代表曲のひとつです。

でも発売当初からすぐヒットしたわけではなく、この曲が入ったアルバムもそんなに売れたわけではなく。最初にイスラエルのラジオで流れたのがきっかけで、そこからアメリカでのヒットにつながり、イギリスでも人気が出始めたとか。

でもあまりにこの曲が人気すぎてか、他の曲が注目されなかったり、一発屋って言われたり、いろいろあったみたいですよ。なんか悲しいね。自分たちの曲が評価されるって、本当なら嬉しいはずなのに。

そういうことがあったせいかどうかは知らないけど、ベストにはファーストアルバムからは【Creep】以外入ってない。

 

でも実際、この曲はずば抜けてるなって思うんですよね。う~ん表現がしっくりこないけど。

というのは、さっきも言ったけど、私は間違ってRadioheadを買ってしまったんですね(いや言ってないけどね)。名前こそ聞いたことはあっても、どんなバンドなのかすら知らなかった。しかも17歳、メロコア最盛期の私。まだまだインディーロックの良さはわかりません。

それでも【Creep】はいいなって思った。というか、一番このアルバムの中で印象に残った。多分すごく受け入れやすい曲なんだと思う。メロディアスで、哀愁があって。スローテンポで、落ち着いて聴ける。

 

Radiohead が好きな人って、このバンドの、よくアートロックと言われる側面を好んでる人が多いんじゃないかと思うんですね。なんか心がザワザワするような曲。【2+2=5】みたいな、ちょっと鳥肌立ちそうな。

でもこの【Creep】は、そういうザワザワがないから、良くも悪くも「一般受け」しやすかったのかな。「どこにでもある曲」では決してないけど、チューンを合わせて聴きやすいと思う。

だからこの曲のイメージを持ってRadioheadを聴くと、他の曲が「なんか違うな」って感じてしまう人もいたのかも。

 

 

でもそれからずっと続けていって、今では世界中にたくさんのファンがいて。【Creep】よりも好きと言われるような曲も生まれてってさ。

こういうのを見ると、何を言われようが、信念を持ってやり続けるって大事だなって思う。運と実力も必要だけど、やめてしまったら可能性はゼロだから。

 

「諦めたら、そこで試合終了ですよ。」Radiohead安西先生にそう言われたのかもしれない。んな訳あるか!それではまた明日!

 

 

ザ・ベスト・オブ(2CDエディション)

ザ・ベスト・オブ(2CDエディション)

 

 

【第九十回】My Chemical Romance - Welcome To The Black Parade

ついにこのブログも第九十回を迎えました。。。とりあえず100回までなので、あと10バンド。でも好きなバンドはだいたい紹介したかな、さすがに。笑

というわけで今日は、当初の目的(?)に立ち返り。ピンポイントで好きな「曲」を紹介してみたいと思います。My Chemical Romance で【Welcome To The Black Parade】。

 

www.youtube.com

 

My Chemical Romanceマイケミカルロマンス)

アメリカ・ニュージャージー出身の5ピースバンド、でいいのかな。一応は。ジャンルはポップパンク、オルタナ

活動期間は2001~2013年。90年代のバンドだと思ってたし解散してたのも知らなかった。。。

 

こないだのMxPxに続き、今回のバンドも日本の車のCMで使われてました。今回紹介する【Welcome To The Black Parade】ね。スバルのフォレスターのCM です。ほとんどの人が一度は耳にしたことがあると思う。

というかこの曲の印象が強すぎて、たまにバンド名分からんなる(笑)マイケミカルパレード、、ちゃうちゃうロマンス!みたいな。。。(なんなら曲名もウェルカムトゥーマイケミカル、、ちゃうちゃうちゃう!ってなりがちなのは黙っておく。)

 

まあでもそれぐらい有名で代表的な曲。全英シングルチャートで1位。この曲が入ったアルバム『The Black Parade』は全米アルバムチャートで1位。圧倒的ですねえ〜。

2006年なんで、今から10年前か。でもなんかもっと前の曲だったように思ってしまう。CMに使われてたのはもっと最近、2011年なんだけどね。信じられない。。

 

 

イントロはピアノから。この段階ではバラード系のポップソングかなあ、って思うんだけど、徐々に盛り上がりを見せて、どんどん音が豪華になっていく。どちらかといえば曲のアウトロっぽいけど。

そうして本編(?)が始まると、ゴリゴリのポップパンク!アルバムで聞いたら「別々の曲なのかな」って思ってしまいそう。でも二番終わりからまた曲調が変わるから、すごい緩急のある曲だなあって思う。

 

ただ、MVからも伝わるかもしれないけど、この歌は「死」についてを扱ってて。「あなたが死んでしまっても、僕達は進んでいく。」そういう、残された者が力強く前を向いて歩んでいく歌なんです。

もしかすると、スバルが2011年にこの曲をCMに使ったのは、東日本大震災のこともあったのかもしれない。車のCMとして疾走感があるというだけじゃなくて、もし歌詞の意味を知ってたら、後押しの気持ちが込められてたのかなって。「負けないで、前を向いて進んでください」って。実際のところはどうか知らないけどね。

 

 

大切な人を亡くして、その辛さや思い出を歌った曲はわりとあるけど(もちろんそれぞれに作った人の想いが込められてると思います)、前を向くにはこういう歌こそが必要なのかもしれない。

誰しもいつかは、大切な人の死に直面して、乗り越えないといけない時が来るだろうから。その時にはこの歌を思い出してほしいです。きっとあなたのことを引っ張ってくれると思うよ。

 

それではまた明日!

 

The Black Parade

The Black Parade

 

【第八十八回】MxPx - Wrecking Hotel Rooms

さて、前回の投稿にもありますように、週末はカフェインボムツアーに行っておりまして。当然のように通常更新を休みました。すみません。でも仕事ではないので誰にも怒られない。最高。よかったらまたライブ日記も読んでやってください。

 

今回は久しぶり?に洋楽ポップパンクです。MxPx で【Wrecking Hotel Rooms】。

 

www.youtube.com

 

MXPX(エムエックスピーエックス)

アメリカ・ワシントン出身の3ピースバンド。ジャンルはポップパンク、クリスチャンパンク。結成1992年。

バンド名はもともと「Magnified Plaid」の略で、M.P. と綴られていたのが、ピリオドの代わりに x を使ってみたらカッコよかったので MxPx となったとのこと。

ちなみにそもそも「Magnified Plaid」って何だよって話なんだけど、最初のギタリストが格子柄(Plaid)のシャツが大好きだったとこからきてるそうですよ。だからここでの magnified は「崇められた」って意味なのかな、たぶん。

 

 

日本では【The Broken Bones】が一番有名じゃないかな。2004〜2006年にかけて、日産のエクストレイルのCMで使われてました。バンドを知る前に曲を知ったパターン。

ちなみにその次はオフスプだった、良い選曲してやがるぜ!うちのお兄ちゃんもエクストレイル乗ってます。どうでもいいか。

 

だから本当は【The Broken Bones】を紹介したかったんだけど、たぶん公式動画なかったなあ。だからMxPxで3番目ぐらいに好きな【Wrecking Hotel Rooms】を持ってきた。

ちなみにこれも公式かよくわかんない。一応ブラジルのレコード会社の公式アカウントからアップされてるんだけどね。「MxPx」名義のアカウントからアップされてるやつも、当時のレーベル「Side One Dummy」からアップされてるやつもあるんだけど、どれが正解なんだろう?どれもOKなのかな。

 

 

聴いてもらったら分かるけど、これはややバラード寄りというか、いやバラードじゃないか、テンポとパンクさを抑えた曲になってます。Blink-182 のベース、マーク・ホッパスとのフィーチャリング曲らしい。それは知らなかった!

 

でさ、クリスチャン・パンクなわけじゃんか。歌詞にもそういうキリスト要素があんのかなって思うじゃん。特にこういうスローテンポな曲ならね。でも、何度歌詞を読んでも、どうしても私にはストーカーの歌にしか思えないのよ!笑

 

特に "Saw you through the key hole / Down on your knees / There's really no reason to call the police" あたりがもうソレ。そのあとに "I know you don't know me / 'Cause we've never met" って言ってるし、もうソレじゃん。

なんか Weezer の【Across The Sea】を連想するね。会ったことない相手に想いを寄せてちょっとキモいことしちゃうみたいな。

 

でも実際のところはわからない。海外のサイトでは「ホテルにいる風俗嬢に恋してるのでは?」って意見があったり、「クリスチャンなんだから風俗嬢のことなんて書くわけないだろ!」って意見があったり、いろいろでした。ストーカーじゃないなら、ぜんぶ妄想の中の話なのかなと思ったりもしたけど。わからないので皆さんのご想像におまかせします。

 

 

ちなみにこのMxPx、かのブルーハーツの「リンダリンダ」を英語でカバーしてます!

フゥ!やるゥ!いいねェ!すげえいい感じですよ。すげえ好き。リンク載せとくので試聴してみてね。(CDタイトルのセンス。。。)

Linda Linda (English Version)

Linda Linda (English Version)

  • MXPX
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

というわけで明日はブルーハーツについて書きそうな予感です。(追記:公式動画見つけられないので書けませんでした...)それでは、チャオ!

 

ベスト・オブ MXPX テン・イヤーズ・アンド・ランニング

ベスト・オブ MXPX テン・イヤーズ・アンド・ランニング

 
朝から100倍元気になるハイテンション・ソング・ベスト

朝から100倍元気になるハイテンション・ソング・ベスト

 

【第八十五回】Arctic Monkeys - Brianstorm

そういやまだ紹介してなかった。今日は Arctic Monkeys で【Brianstorm】です。

 

www.youtube.com

 

Arctic Monkeysアークティックモンキーズ

イングランド・シェフィールド出身の4ピースバンド。ジャンルはオルタナ、インディーロックあたりでしょうか。いわゆる「UKロック」の代表だと思います。

結成2002年。略称アクモン。今までこのブログでも何度か触れてるバンドですね。

 

ちなみにグーグルで「アクモン」って検索するとWikipediaの次にこのページが出てきたけど、面白かった。興味深いっていうか笑った。まあ本当にパクるつもりはなかったのかもしれないけど。笑

basement-times.com

 

今回紹介する【Brainstorm】は、ちょうど今から10年前、2007年に発売された彼らのセカンドアルバム『Favourite Worst Nightmare』の一曲目。であり、私がアクモンで一番最初に知った曲です。

Arctic Monkeys という名前をよく聞いてはいたので、どんなバンドなんだろうと思って友達にCDを借りた。3枚もアルバム貸してくれた。『Favourite Worst Nightmare』と『Whatever People Say I Am, That's What I'm Not』と『Suck It and See』。

で、その中で最初に聞いたのが『Favourite Worst Nightmare』だったので、おのずと私が初めて知った曲が【Brainstorm】だったわけです。

 

まさにタイトル通り、脳内に嵐が渦巻くような曲だなあ!一曲目のインパクトとしてはなかなかだった。「嵐」っていうか、テレビの砂嵐みたいな。砂嵐じゃないな、壊れたテレビ?白黒の横線がビビビーって入ってる感じ。

あとすごい感覚的な話になるけど、なんか個性的というかやや奇抜なファッションが思い浮かぶ草間彌生の、あのドットだらけのカボチャみたいな。とくにストライプ感が強いやつ。伝わらんかな。笑

 

 

......ってちょっとちょっとちょっとちょっと待って〜〜〜〜〜!!!!!

 

"Brain" じゃないじゃん!!!!! "Brian"じゃん!!!!!

 

 

えっ今の今までずっとブレインだと思ってたわ!!!!!そのつもりで記事も書いてきてた。。。だからあえて直してないけど、さすがにタイトルと本文一行目だけは直しました。。。まじかよ!

ああ、だから曲の始まりに「ブライア〜ン」っていうのか。。。完全にはめられた。。。な〜にが「脳内に嵐が渦巻く」だよバカヤロウ!人生イージーモードのブライアンの歌じゃねえかよ!

 

しかも "See you later, innovator" なのか。。。ずっと「エレベーター」だと思ってたし。。。"See you later alligator" みたいな何の意味もないアレだと思ってたわ。。。

もういろいろ今の今まで勘違いしてたことに気づいてびっくりしてる。。。トリッキーだわ。超トリッキー。。。

 

 

きっと私と同じような勘違いをしてる人、たくさんいるはず。。。と信じたい。。。とりあえず「シーユーレーター エレベーター」って聞こえるのでぜひ聞いてみてください。それでは、see you later, innovator。。。

 

フェイヴァリット・ワースト・ナイトメアー

フェイヴァリット・ワースト・ナイトメアー

 
Brianstorm

Brianstorm

  • provided courtesy of iTunes

 

 

【第八十回】Waterparks - Stupid For You

というわけで、知らぬ間に第八十回を迎えてしまいました。今回で洋楽開拓シリーズ5/5、いったん終わりです。こないだ 7 Minutes In Heaven の記事で少し触れた Waterparks。曲はどれにしようか迷ったけど、【Stupid For You】です。

 

www.youtube.com

 

Waterparks(ウォーターパークス)

アメリカ・テキサス出身の3ピースバンド。ジャンルはポップパンク。結成2011年。

影響を受けたバンドとして、Sum 41、Blink-182、Good CharlotteGreen DayFall Out Boy、Saves the Day が挙げられています。(私この最後のバンド知らないな...)

 

まあ影響を受けた面々がドチャクソポップパンクで私のドドドドストライクなバンド達なんで、めちゃくちゃ期待大なバンドなんですよね。ただ曲を聴いてみると、意外とパンクよりポップ寄りとか、ダンスロックっぽいのも多い。

 

で、今回紹介する【Stupid For You】なんですけど。実は上に挙げたバンドのひとつがプロデュースしてるんですね。さて、どれでしょう!聴いて考えてみてね。

 

 

Aメロあたりが特にそれっぽいかな...

 

 

あと二番のサビの次、Cメロ(?)あたりとか...

 

 

チッチッチッチッ...

 

 

タイムアップ!

 

 

ポップパンクを好んで聴いてる人は分かったかもしれない。答えはGCです!

ポップパンクにちょっとダンスフロアを感じさせるようなメロディーが入ってて、うん、わかる!ちょっとグッシャーっぽい!まあだいぶポップにはなってますが。ボーカルの声がジョエルより高いのもあるかな。(GCについてはコチラ↓)

 

でも個人的には、FOBに影響受けてるってのも結構わかるかも。

さっき挙げられたバンドでは、ブリンクがとにかく走る→それに丁寧さを加えるとグリーンデイ→さらに重さを加えるとサム→少しひねるとグッシャー→ひねりまくるとFOB、みたいなイメージがあって。(完全に私の感覚論。笑)

 

【Stupid For You】はほんのりミクスチャーテイストがあるから、サム以前の純粋なポップパンクって感じではないかなあと思っていて。あと【Crave】って曲もFOBを感じる。

ちなみに2015年に今のレーベルに移籍して、グッシャーがプロデューサーになったのはそのあとらしいんだけどね。

 

 

というわけで2015年以前の曲聴いてみると、結構ストレートなポップパンクなんですよね。声が高いからちょっと軽くなるけどね。【New Wave】とかね。

って思ったけど、【Silver】とかなんだろう、なんか邦ロックを感じた!曲のアレンジが。シンプルなのだけじゃないんだ!いろいろできるんだ!

 

 

というわけで、今回紹介した5バンドの中で私に一番ハマったWaterparks。最近ポップパンクで勢いのある若手バンドが少なくなっている気がするので、ぜひもっともっと出てきてほしい!!

私と好みがかぶっていそうなそこのアナタは、ぜひ【Crave】と【Hawaii (Stay Awake)】は聴いてください!!今日は以上!!

 

Double Dare

Double Dare

 
Stupid for You

Stupid for You

  • Waterparks
  • ポップ・パンク
  • ¥250