ロッカロッコ

パンクロック・メロコア好きの筆者が気に入ったバンドを、邦・洋問わず書き溜めていきます。

toe と teto と totos が分からない

もうタイトルから怒られそうなんですけど、すいません。最初に謝っときます。

 

私は結構バンドが好きなほうやと思うんですけど、普段あんまり聞かないバンドやと結構ごっちゃになっちゃうんですよね。過去には RadioheadZebrahead を間違えたり、Special Thanks と Special Others を間違えたり、LOW IQ 01ロットングラフティーを間違えたり(これは自分でも謎)したことがあります。

 

そんな私の最近の悩みは、タイトル通り、「toe」と「teto」と「totos」が分からなくなっちゃうことです。

いや、正確に言えば toe は分かります。わりと好きなので。インストゥルメンタルという特徴もありますし。t も一つしかないし。危ないのは teto と totos です。かつ、どっちも最近地味に私が気になっているバンドであります。ここで両者を間違えることは避けたい事態でございますし、今後の私の命運にも関わります。(?)

 

というわけで、今回は私の備忘録です。

 

toe

まずは私が確実に分かるtoeです。以前この記事で触れたことがあります。

2000年結成のインストバンド、ドラムはthe HIATUSの柏倉さんです。インストバンドといってもボーカル入ってる曲も結構あるんだけど。上の記事でも書いている通り、JTのCM曲がこのバンドやったりするんですけど、バチクソかっけえんすよねぇ。もう、おしゃれ。こういう音楽の流れる店でコーヒー飲みてえなって話ですよ。(ブラック飲めないのでカフェオレでお願いします。)

グッドバイ

グッドバイ

  • toe
  • ロック
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

ちなみにJTの曲は私が調べた限りではオリジナルの書き下ろしってことで音源化の予定はないってことやったんですけど、上に載せた『グッドバイ』って曲やと書いてるブログとかもあった。聴く限りでは違う曲やと思うので、別バージョンのCMの曲なのかなあ。まあこの曲はこの曲でまたドチャドチャにかっこいい。あとやっぱこのドラム回し、ハイエイタスを彷彿とさせるよ、そりゃドラマー一緒だからそうなんですけど。

 

結論:toe は分かる。

 

teto

次は teto です。実は teto はちょっと聞いたことがあります。

ルサンチマン

ルサンチマン

  • teto
  • ロック
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

最初これを聴いたんですよね。で、まあ私なんで、「えっ?!toe?!全然ちゃうやん?!なんで?!」ってなったんですよね。でもまあ当然別のバンドだということにはすぐ気付きます。ここで teto の存在を知ります。

彼らは2016年結成の4ピースバンドです。ちなみに上の曲を知ったきっかけはSpotifyで流れてきたからなんですけど、最近私がどハマりしているHelsinki Lambda Clubとのスプリットに収録されている曲だったんですね。(ちなみにヘルシンキは第百二回バンド紹介記事書くかもしれんぐらいハマってる。)

手

  • teto
  • ロック
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

Spotifyで一番ポピュラーとなっていたのがこの『手』なんですけど。2016年結成ってことはまだ三年目?音がすごくしっかり完成してる感じがするんですけど。。。すでにロッキンとかラシュボとか出たんですってね、なるほど。。。

 

結論:tetoは若手のめちゃくちゃ強いバンド。

 

totos

はい、最後は totos です。このバンドは実はまだ全然知らない。でもバンド名を知っているのはTHISTIME RECORDS所属のバンドだからです。ナードを好きになってからというもの、THISTIME周りのバンドについても目にする機会が多くなり。昨日のTHISTIME15周年イベント@代官山UNITにも出てたんですよねこのバンド。行ってないんですけどね...。

2006年から都内で活動を開始、と公式サイトには書いてある。一時休止してたみたいだけど、結構長いバンドなんだな。というわけで今から聴いてみる。本当に今から初めて聴く。どんなバンドなんだろう。

documents

documents

  • provided courtesy of iTunes

とりあえずSpotifyで一番上にのってたこの曲から。あ、toe とも teto とも全然違う。当たり前か。なんか、甘い、シュガリーな感じするね。結構ポップなんだな。

 

You-Made

You-Made

  • Totos
  • ロック
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

その次はこの曲だった。なるほど、男女のツインボーカルバンドなのかあ。シュガリーってか、もはや砂糖そのままというか、金平糖みたいな曲。色にしてピンク。ボーカルが男か女かで全然印象変わるな、これも当たり前っちゃ当たり前やけどさ。でもギターソロとかは結構、なんていえばいいかな、甘さ抑えめというか。なんとなく日本っぽくない、一昔前?の海外のポップを彷彿とさせる。

 

girlfriend

girlfriend

  • provided courtesy of iTunes

次はなんとなくタイトルに惹かれたこの曲を。個人的には今回聴いた三曲の中で一番好き。アップテンポで乗りやすくて、あと頭のドラムの入りが気持ちいい。乗りやすけりゃいいってもんでもないんだけど、今の私にはこれが一番いいな。

 

結論:totosはシュガリー。

 

 

ちなみに totos について調べてたらアメリカの Toto というバンドも出てきたんですよね。Weezerがカバーした『Africa』のバンドということで、実はこれも存在自体は知ってたんですけど。もうやめてくれぇ。

Africa

Africa

  • Toto
  • ロック
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

でも幸い、toe も teto も totos も全然音楽性が違っていたので、今後はどれがどれか分からなくなることもなさそうですし、間違って友達に勧めてしまうこともなさそうです。

 

もしまた混乱しそうなバンドが出てきたらちょくちょくこうやって備忘録を書き溜めていこうと思います。ファンの人もバンドのご本人も、もしこの記事を読んだとしても怒らないで温かい目で見守ってもらえれば助かります。あと、おすすめの曲があれば教えてもらえたら大変喜びます。

 

では。