ロッカロッコ

パンクロック・メロコア好きの筆者が気に入ったバンドを、邦・洋問わず書き溜めていきます。

【ライブ日記】ナードマグネット 「待たせたなツーマン -東京編-」@ 3/1 SHIBUYA CLUB QUATTRO

f:id:snowman18:20200301233423j:image

いや〜、ライブ・フェス日記書くの、半年以上ぶりじゃないですか?  ほぼほぼ1年ぶりくらいかもしれない。ライブ自体は時々行ってたけど(最近全然行ってなかったけど)、ブログ書いてなかったからね。

まあそんなこんなで、行ってきましたナードマグネット「待たせたなツーマン」東京編。対バンはw.o.d.。

 

【プロローグ】

w.o.d. のことは前から気になってて、「1994」のアルバムが出たときにちょっと聴いてかっこいいな〜と思ってたんですよね。だからこのツーマン発表されたとき、クソ行きたくない?と思って、でもマジライブ行ってる場合じゃなくない私?と思って、生活費足りてなくない?と思ってたんですけど、まあクソ行きたくて、結果行っちゃいました。

 

※「ナードじゃなくてw.o.d.聴きに行ったの?」と思われた方へ。ナードマグネットを愛していることは前提で話を進めています。

 

コロナウイルスの感染拡大でいろんなライブが中止になってる中、このライブも開催危うくて、それでも須田さんがやるって決めてくれた。

決行するのも中止にするのも、どっちも本当に大変な決断やと思う。だから中止を選んだバンド達のことを思うと、私は決行することが「正しい」とは言い切れないし、他のバンドもそうすべきとは必ずしも思わないのだけど。

 

でも今日須田さんがMCで言ってたように、現時点では正解も間違いもない。個人的には、バンドが悩んで悩んで出した結論なら、それが決行であれ中止であれ、どちらも「正解」だと思っています。

だからただ一言、「今日あの場に居させてくれて本当にありがとう」と言いたいです。というのが私の気持ち。

 

では前置きが長くなりましたが、そろそろ本編へ。

 

【w.o.d.】

さっきも言ったけど、w.o.d.は前にちょっと聴いたくらいだったので、昨日今日ぐらい予習的な感じでずっと聴いてた。で、そのまま今日ライブ観た。

 

あ〜〜〜の〜〜〜、ヤ〜〜〜〜ベェっす。

 

音量「爆」って感じ。演奏「圧」って感じ。ライブ「強(つよ)」って感じ。バイタリティが生き物の頂点に君臨してる奴のそれ。

ボーカル、ギター、ベース、ドラムが全部100で鳴ってる。小細工一切なし、無駄が全部削ぎ落とされてる。全力を手加減なしでぶつけてくる。

 

ただすごいのは、フルで鳴らしてるのに、すげえ上手いんよな〜。音源聴いたとき「荒いのに整ってるな」って思ったのはそういうわけか。

 

まず歌がクソ上手い、音ぜんぜん外さない。コーラスがないので声はこれ一本。だから図太いけど、形の整った図太さって感じだった。

次にベース。個人的にw.o.d.の何が一番好きかってベースの音。バリバリの歪んだ爆音。弾いてるの見ててもめちゃくちゃ「鳴らしてる」って感じやった。

で、ドラムもすげえ。あんなに肩上げてしっちゃかめっちゃかなほどに叩き込んでるのに、全然テンポが狂わねえ。なんや。人間ペースメーカーか。どうやったらあんな演奏できるねん。

 

無駄を削ぎ落とした、っていうのはMCにも言える。MCほぼ無かった。雑談ゼロやった。まあそれについては「MCで喋れることがあんまりない」って言ってるインタビューを最近読んだんですけど、ホンマや!って感じでした。曲だけに全力集中してるからこんなライブできるのか。すごいな本当。

次世代グランジスター、w.o.d.の等身大 セカンドフルアルバム『1994』完成! - インタビュー&レポート | ぴあ関西版WEB

 

ちゃんと聴いたのなんて最近やし、ライブも初めてやったのに、めちゃくちゃ頭も体も揺れたし、『May Day』とか『1994』とかは腕上がってもうた。

あと、『サニー』の最初でギターとベースが向き合って弾いてて。これはちょっと繊細めな曲で。ふたりは中学生のときから一緒にやってるらしいけど、これからもこのふたりがずっと一緒にバンドをやってくれたらいいなと思った。バンドって本当、奇跡だからね。

 

てな感じで。w.o.d.最高でした。

 

【ナードマグネット】

えっ、ナードの感想いる?「最高でした」しか言えへんねんけどいける?  頑張っても「ホンマに楽しかった」「行けてよかった」「嬉しい」「好き」ぐらいしか言えへんねんけど大丈夫?

 

せっかくなのでもうちょっとちゃんと頑張ります。わざわざ久しぶりに日記書いてるからね。w.o.d.の感想で疲れたわけではありません、決して。

 

いやでもなんていうの。今更ナードに関して「演奏が上手かった」とか「ともにゃんが可愛かった」とかもなんか違うじゃないですか。まあ強いて新しい情報を伝えるとしたら、私が「ライブ中5回泣いた」ってことかな。

ヤバくない?  こんなに泣いたのはGOOD4NOTHINGからTANNYが脱退したときのライブとそのあと初めてスリーピースでのライブを観たときぐらいかもしれない。いや、ウルッとくることはよくあるねんけど、ガチ泣きは本当久しぶり。泣いて歌えんなってもうた。

 

まず泣き①。『MISS YOU』。

もしもまた会えたならば

本当のことを言うからさ

君の話も聞かせてよ

ねえ、いつかわかるかな

ハァ〜〜〜〜〜〜??????  ふざけんなよ。なんでこんな曲やるねん。めっちゃしんどいわ。普通に泣いたわ。演ってくれて本当にありがとう。大好き。(情緒不安定)

 

泣き②。『家出少女と屋上』。

鳴らないマイ・セルフォーン

彼はもう来ないなあ

やめろって。傷えぐってくんなって。

忘れたい思い出ほど

消えてはくれないの

いやほんとやめてって。しんどいって。

 

でもなんでそれでもこの歌が良いかというと、最後にちゃんと生きることを選んでいるから。

「死ねない」ってのは、裏を返せば「生きる」って選択でもあって。ホンマ全部終わりになったらいいのに、って思うようなときでも、この曲聴くと「とりあえず、もうちょっと頑張ってみるか」って思わされる。すごいよな歌って。

 

泣き③④⑤。最後の『Mixtape』からの『THE GREAT ESCAPE』からの『HANNAH / You Are My Sunshine』。

いやもうこれは須田さん私のことピンポイントで泣かしにきてるっしょ。だって私『Mixtape』と『THE GREAT ESCAPE』が大好きっていつも言ってんじゃん。『HANNAH〜』聴きながら部屋でひとりでめっちゃ泣いてんじゃん。まあ全部須田さんは知らんわけやけど。

 

上に挙げたやつ以外でも、なんせ好きな曲をいっぱいいっぱい聴けたので、アンコールのときに須田さんがせっかくリクエスト受け付けてくれてたのに、頭まっしろで一個も出てこんかった。あれもやったしこれもやったしどうしよ、みたいな。あー、『グッバイ』とか言えばよかったな。(自ら傷を抉りにいくスタイル)

 

あとアンコールといえば謎の一曲あったな。最初のとこ聴いて『Across the Sea』オマージュかと思ったわ。歌詞ね。でも途中うまく聞き取れなかったから全然違うのかもしれない。あ〜てか『いとしのエレノア』とかもリクエストすればよかったな〜。Why are you so far away from me〜♪

詳しいことは聞くなと言われたので何も聞かないけど、ハッピーなことやったらいいなあ。特別な一曲とのこと、聴かせてくださってありがとうございました。

 

あと、今日の『FREAKS & GEEKS』ネタは『The Good Life』サンドでした。マジブチクソテンション上がった。(ブチクソって言葉が低レベル過ぎてiPhoneに「ブタクサ」に変換された)

ナードのライブはウィーザー聴いてるとより一層楽しめることが多いよね。さっき上に書いた『Across the Sea』もやし、『Photograph』もリハでやってるの何回か聴いたし、前行ったライブは『Dope Nose』やったし。大好きなバンドが大好きなバンドをカバーしてるのは本当にテンションが上がる。

 

その他の新発見でいくと、いっつも「ふじいさんのノールックギターソロの変顔おもろいなあ」って思ってたのが「いやあれ、めちゃくちゃ気持ちいいんちゃうか?  めちゃくちゃ気持ち良さそうにギター弾くやんけ!」という見方に変わったこととかかな。ナードの曲だいたいギターソロ入ってるから、毎曲かっこいいな〜と思いながらギターソロ観てる。

それとBGMがたぶん須田さんが作ってたパワーポッププレイリストのやつで、全曲知ってるやつだったので、待ってるあいだもずっと楽しかった。こういうのも嬉しいなあ。

 

まあそんな感じです。今日は後ろのほうで大人しく観ておくつもりだったので、普通に前のほうでノリノリになってしまったのは予想外に疲れてしまいましたが。ちゃんと帰ってから手洗いうがいもしました。これ書き終わったらお風呂入ってさっさと寝ます。

……でも、残念なことに、今日のライブで持病が悪化してしまった。あの、すださんへの恋の病なんですけど(やかましいわ)

 

以上!