ロッカロッコ

パンクロック・メロコア好きの筆者が気に入ったバンドを、邦・洋問わず書き溜めていきます。

【第六十四回】Busted - Air Hostess

さてさて今回は、Busted から【Air Hostess】を紹介しますよ。

 

www.youtube.com

 

Bustedバステッド

イギリス・ロンドンの3ピースバンド。ジャンルはポップパンク。ウィキでは最初に「ポップ」がきてるけど、パンクですよね。

活動期間は2002年〜2005年、その後活動休止に入りますが、2015年に再開してます。

 

今回の情報はほぼほぼウィキに頼ってるんですけど、読んでみて、全っ然このバンドのこと知らなかったんだなってびっくりしてる!

まずアメリカのバンドだと思ってたしね。Green Day とか Blink-182 に影響を受けてるってことで、完全にポップパンクサウンド。いいですよお、好きですよお。

 

あと、正直日本で全然知られてないだろって思ってたんだけど、めちゃくちゃ人気のバンドだったらしいじゃん???

 

来日経験もあり、「笑っていいとも!」に出演している。イギリスの音楽界を一世風靡し、チャールズ皇太子やハリー王子も大ファンで、ベッカムの息子ブルックリン・ベッカムもサインを欲しがった程の人気バンドである。(Wikipediaより)

 

チャールズ皇太子ってパンクロック聴くんだ?ていうか王室の人ってクラシックしか聞かないと思ってた(偏見)。

 

私は2002〜2005年当時はまだ小学生だったし、ロックにのめり込み始めた中学生のころからは活動休止してたから、ほんの数年前まで知らなかったんだけど。でも今の30代でパンク好きな人は聴いたりしてたのかもしれない。

 

 

このバンドの特徴は、3人ともボーカルってとこなんですよね。全員歌う。個人的にはギターの背の高いほう、眉毛濃い人(たぶんチャーリー)の声が一番好きです。ハスキーで低くていいね。

もうひとりのギターは逆にやや声高め、マルチな声って感じ。ベースは真ん中ぐらい、ハスキーな中音っていうか。それぞれ違う声だからバランス取れてるし、曲にもいろんな要素が入って面白い。

 

まあでも「ポップ」って言われるの、あれなのかなあ。TOKIOが楽器持って自分で演奏してるのに、バンドマンじゃなくてアイドル枠に入ってるみたいなことなのかな、もしかして。まあTOKIOの本職は農家なんだけどさ。

いや、バステッドは一応バンドとして扱われてるんだろうけど、キャッチーだしメンバーがイケメンだからポップのほうに引っ張っていかれたのかもしれない。私は完全にポップパンクだと思ってるけど。

まあこれは不毛な論議なのでここまでにする。ジャンルなんてどうでもいいんだ!

 

 

ちなみに【Air Hostess】は全英2位だったらしいけど、1位の曲もいくつかあって。その中で私が一番好きなのは【Thunderbirds Are Go】っていう、パッと見は文法崩壊してるようなタイトルのやつです。(この "go" は形容詞の「準備完了」みたいな意味らしいよ。)

でもやっぱ【Air Hostess】が一番好きだな!一番歌いたくなる!でも【Thunderbirds Are Go】もぜひ聴いてみてください!いや、でも、【Crashed The Wedding】もいいな〜!もう全部聴いてください!

 

活動再開したならまた日本きてくれんかな〜一度ライブ見てみたい!

 

プレゼント・フォー・エヴリワン スペシャル・エディション(初回)(DVD付)

プレゼント・フォー・エヴリワン スペシャル・エディション(初回)(DVD付)

 
Air Hostess

Air Hostess