ロッカロッコ

パンクロック・メロコア好きの筆者が気に入ったバンドを、邦・洋問わず書き溜めていきます。

【第二十四回】coldrain - Gone

今回は coldrain から【Gone】です。

 

www.youtube.com

 

coldrain(コールドレイン)

日本・名古屋出身の5ピースバンド。ジャンルはハードコア、ラウドロック。

結成は2007年なので、今年で結成10周年を迎えたそうです。

 

初めてこのバンドについて耳にしたのは大学生のときだったけど、当時は(これまでにも何回か言ったけど)ちょっと音楽離れしてたから、高校のときから好きなバンド以外はあんまり聞く気になれなかった。開拓するとしても、90年代の洋ロックとか。

そして月日は流れ、最近になって、「めっちゃ coldrain って名前見かけるな、人気なんだな、聞いてみるか」ってなって、今回紹介する【Gone】を聞いてみたのでした。

 

 

かっこいいやんけぇ〜〜〜。。。

 

 

ボーカル、ハーフなのか。英語クソうまいな。Aメロのボーカルは Evanescence の【Going Under】のイントロを思い出した。あとなんだろう、歌い方かな、なんか Hoobastank っぽさを感じる。

と思ったらサビに来るとまた雰囲気が違っていて、ちょっとワンオクっぽい印象を受けました。ツイッターを見てみると、coldrain が好きな人にはワンオク好きな人もそれなりにいるみたいなので、まあこの印象も妥当なのかな。(ちなみにここで初めて OOR が ONE OK ROCK の略称だと気付いた。。。)

 

ただ、coldrain はデスボがあるぶん、もっとハードコア要素が強い印象はある。というか最近は、SiM にしても coldrain にしても、ラウドロック人気あるよね。

ちょっと前まではメタルって一般的には敬遠されがちというか、ロックの中でもかなりコアなジャンルっていうイメージがあったんだけど。少なくとも私自身はあんまり聞かなかった。

 

で、なんでじゃあ最近人気なのかなって思ってたけど、coldrain 聞いて少しわかった気がする。曲自体の格好良さはもちろんとして、ハードさの中にいい塩梅でメロディックさが入ってて、すごく聴きやすいね。「あーなるほど、メタルではないのか」って初めて分かった。

【Born to Bleed】とか超好みだわ。なんで今まで聴かなかったんだろう。これはハマった。coldrain、かっこいいね。デスボとハイトーンのギャップすげえわ。かっけえ。

 

 

というわけでここにまた一人 coldrain のファンが増えたわけですが、【Gone】を聞くにあたってたまたま見つけた海外YouTuberの動画も面白かったので載せておきます。彼もまた coldrain を聞いて非常に興奮しているようです。字幕ないけど、英語いける人はぜひ。

www.youtube.com

 

 

10月には新譜が発売されるようです。へぁぁ!聴きてえな! 

FATELESS(通常盤)

FATELESS(通常盤)

 
ENVY

ENVY

  • coldrain
  • ロック
  • ¥250