ロッカロッコ

パンクロック・メロコア好きの筆者が気に入ったバンドを、邦・洋問わず書き溜めていきます。

【第二十九回】Glory Hill - California

前回に引き続き、今回も「そういえば何してんだ?!」って思い出したクソかっけえバンドがいました。というわけで今日はGLORY HILL から【CALIFORNIA】です。

 

www.youtube.com

 

GLORY HILL(グローリーヒル


日本・愛知の4ピースバンド、でしたが、今は2人です。ジャンルはメロコア、エモ。
2005年に結成。2012年にメジャーに移籍したけど、2016年にはギター・ドラムが脱退して、インディーズへと再移籍しています。

 

個人的に、ファーストアルバムを初めて聴いて「うお!いいじゃん!」って印象に残ったバンドは、このグローリーヒルとエッグブレインの2つ。モンバス2008ではオープニングアクトを務めていて、ロッキンにも出演したりと、かなりノッてきてるバンドでした。

 

でも、当時からカッコよかったけど、なんというか私はもっと熟成させたかったのね。
「いやお前誰やねん」ってなるかもしれないですけど、やっぱり年数を重ねると、サウンドに厚み深みが出てきてどんどんカッコ良さが増すと思ったから。「出来立てのカレーも美味しいけど、やっぱ1〜2日寝かせたい」みたいな感じです。

 


そして時は経ち、2017年。


寝かせすぎた。ほぼ10年経ってんじゃん。そういえば最近聞かないな、フタ開けたらヒドいこと(解散とか)なってないかな、と恐る恐る調べてみました。

 

おっ?2016年活動再開?
どうやら活動休止してた期間もあるみたいで、メンバーも二人脱退してるし、まあ色々あったんだなと。でもとりあえず、解散してなくてよかった。というのは、今回紹介する【California】がすごくカッコ良かったから。

 

メロコアバンドたるもの、やっぱり西海岸を感じさせてナンボじゃないかと。そういう意味では、この曲はもうタイトルからストレートで良いんですよね。
で、曲を聴いても、完全にアメリカのポップパンク、言うなれば私の大好きな New Found Glory を彷彿とさせる感じ。"New Found Glory Hill" ですよ。新発見のグローリーヒル

 

「なにいってだこいつ」って思った人は聴いてくれよ。思わなくても聴いてください。

 

この【CALIFORNIA】は活動再開後の曲とのことなので、一応メジャーデビューしてからの曲も聴いてみたけど、個人的には断然今のほうが好み。メロコア、ポップパンクに返り咲いたカンジというか。

あとは日本語詞もいいけど、あくまで好みの話でいえば、やっぱ英詞のほうが好きです。まあここは私の変な固定観念というか、偏見みたいなものも入ってるので、あんまりいろいろ言うつもりはないです。ただ私が英語が好きというだけの話。(笑)

 

やっぱりパンクはメジャー行くより、インディーズのほうが良さを最大限に出していける気がする。そもそも「メジャー」って存在が「パンク」のスタンスにあんまり合ってないんじゃないかと思ったりはするんだけど、まあそれは別の話なので、またいずれ機会があれば考えてみることにします。

 

もっといろんな人に知られていいバンドだと思うな、まじで。かつて名前を耳にしたことのある人達にも、今こそもう一度聴いてほしいです。

 

CATCH THE WAVE

CATCH THE WAVE

 
GET UP

GET UP

  • GLORY HILL
  • ロック
  • ¥200