ロッカロッコ

パンクロック・メロコア好きの筆者が気に入ったバンドを、邦・洋問わず書き溜めていきます。

【第九十六回】GO!GO!7188 - こいのうた

11月になりましたね。そしてこのブログも第九十六回になりました。今まで何回か言ってるんですけど、100回目の投稿でこの毎日紹介シリーズはやめるんですね。(すでに毎日更新できてないけど。。。)以下ツイートの通り。 

 

というわけで残り5バンド。最初はGO!GO!7188で【こいのうた】です。

こいのうた

こいのうた

  • provided courtesy of iTunes

 

GO!GO!7188(ゴーゴーナナイチハチハチ)

日本・鹿児島の3ピースバンド。ジャンルはポップロックオルタナかなあ。

活動期間は1999年〜2012年。女性ボーカルのバンドでは一番好きかもしれない。

 

この【こいのうた】はベストアルバムの一曲目にも収録されてるバンドの代表曲ですね。恋する女の子の気持ちを歌った切ないバラード。ベスト一曲目からゴリッゴリのバラード。

ちなみに『アイのうた』っていう恋愛ソングのオムニバスにも入ってます。

アイのうた

アイのうた

 

 

2000年リリースだから、もう17年も前の曲なのか。。。まだ私も小学2年生とかそれぐらい?多分ちゃんと知ったのは小学生高学年ぐらい。でも高校生になっても大学生になってもずっと聞いてました。

 

個人的には、鉄板オブ鉄板の片思いソングだと思ってる。好きな相手には恋人がいて、想いを伝えることすらできない。でも気持ちが冷めることはなくて、報われなくても側にいたくて。そういう歌かな。

中学〜20歳ぐらいまでは、人を好きになるたびにこの曲を聞き、カラオケで歌い、勝手に泣きそうになるというのを繰り返していました。(今はそのあたりだいぶマシになったはず。。。)

 

まあ私は恋人がいる人を好きになったこともほとんどないし、口に出すし伝えるし、叶うこともあればそのまま終わることもあったんですけど。

それでもお構いなしに歌ってました。「恋する=こいのうた聞く」の方程式があったと言っても過言ではない。でも本当、それぐらいこの歌詞は最高なんですよ〜。

 

というか、ゴーゴーの恋愛ソングは本当にどれも最高。すれ違いの生活が続けば【近距離恋愛】を聞くし、遠距離になる前後は【C7】を聞くし、相手に振り回されれば【神様のヒマ潰し】を聞く。

でも全然恋愛もしてなくて、特に刺激もないような日々には【ロック】を聞いたりして。この歌は本当、いい意味で「クソだな〜」と思う。どんな意味だよって感じだけど。

 

偏見かもしれないけど、完全に「女性目線」のバンド。男の人が作った歌でも、女性目線っぽいなって歌はあるけど、ゴーゴーはボーカルが女性なのも大きいのかなあ。「女性ならでは」って感じの細かな描写がすごく入ってるなあと思います。共感度500。

 

 

ちなみにモンパチがカバーしたバージョンもあります〜。原曲とは全然違うけど、モンパチらしいアレンジで、これはこれで良し!!!ぜひ聞いてみてください。

こいのうた

こいのうた

  • provided courtesy of iTunes

 

ではまた明日!

 

ベスト・オブ・ゴー!ゴー!

ベスト・オブ・ゴー!ゴー!