ロッカロッコ

パンクロック・メロコア好きの筆者が気に入ったバンドを、邦・洋問わず書き溜めていきます。

最近のいろいろ

思えば三月は一回しかブログを書いていなかった。理由はいろいろあるのだけど、まあざっくり言えば、他に興味のあることに時間を割いていたから。

 

GOOD4NOTHINGのTANNY脱退から一ヶ月経った。なんかもうずっと前のことみたいな感じする。東京でTANNYがライブをするから行きたいのだけど、行けるか分からない。そもそもまだチケットが残っているのかも分からない。でもできれば行きたい。

グッフォのライブに関しては堺ミーティングまで待つ。今年の堺ミーティングもなかなかアツい。五月末は連休とってちょっと大阪にも滞在するから楽しみ。

THIS SONG'S TO MY FRIEND - EP

THIS SONG'S TO MY FRIEND - EP

  • GOOD4NOTHING
  • ロック
  • ¥1000

 

ELLEGARDENALLiSTERの対バンもあったよな、行ってないけど。去年エルレが復活したときはチケット取れんくてめちゃくちゃ落ち込んだけど、今年はいろんなフェスにも出るし完全復活って感じで、どこかで観れる気がするのであんまり気にしてない。

まあそもそもエルレのライブって人生で一回しか観たことないからな、ライブというかフェスでやけど。だからエルレのライブというもの自体が私のなかであんまり現実味のあるものじゃなくて、ふわふわしてるのかもしれない。

よく「バンドなんていつ解散するから観れるときに観とけ」って言うけど、「復活してくれたからまた観れるよね」っていう安心感はなんか変な感じだな。というか、観れねえし。チケット取れねえし。それにしても、YouTubeやらSpotifyやらでエルレが観れる・聴けるってのは不思議な感じ。 

 

Weezerの新譜、Black Albumが三月頭に出たね。正直、一曲目を聴いて「ああもう泣き虫ロックのウィーザーはいなくなっちゃったんだな」とは思った。今に始まったことではないけど、それでも前作Pacific Daydreamのときはまだ一曲目とかもギターのギャンつきはあったなと思うのだけど。今作は全編通してわりとEDM寄りだからメンタルが元気なときじゃないと聴けない。パワーポップを求めて聴くと肩透かしを食らうことは間違いない。

とはいってもアルバム自体が嫌いというわけではなくて、二曲目とか四曲目とか結構聴いてて気持ち良かったりはする(気分が乗ってるときは)。四曲目とか最近のウィーザーの傾向って感じするよね。あとは六曲目の歌詞が好きで、こういうリヴァースのちょっと尖った部分を求めていた感はある。まあでも、ウィーザーの新譜が出るたびにどうしてもブルーアルバムとかグリーンアルバムみたいなのを期待しちゃうのはやめられないんだよなあ。

 

ちなみにTeal Albumも聴いたけど原曲知らないやつ結構多いから、ふつうに良かったとだけコメントしておきます。

 

Zebraheadの新譜も聴いた、Brain Invadersね。これは超好きだ、まあポップパンクだから私が好きで当然なのだけど。

一曲目聴いたとき謎に日本っぽさを感じた、これは本当に謎。でもあれだろうな、普段あんまりハードコアとかメタルとか聴かなくてフェスで観るぐらいだから、私の中でハードコア寄りの曲は勝手に日本のバンドのイメージと結びついちゃうんだろうな。って思ったけど二曲目もなんか日本なんよなあ。なんでだ? 海外のミクスチャーロックもあんまり聴かないからかもしれない。MAN WITH A MISSION好きな人とかどうかな、この二曲目。

個人的には四曲目だいすき、もう、だいだいだーーーーいすき。だって超ポップパンク。だいすき。いつまで経っても何回でもこういう音楽を聴きたいんだ私は。ちなみにフォロミーフォロミーフォロミーフォロミーベーイビーは前の会社の出し物で踊らされたから嫌い。ただ悔しいことにゼブラヘッドのアレンジがかっこよすぎる。好きになっちゃう。 

Brain Invaders

Brain Invaders

 

あと、ぜんぜん新譜じゃないけど、やっぱりAlkaline Trioがめちゃくちゃかっこいい。去年の夏にアルバム出してたらしくてそれを今更ながら聴いたのだけど、もう一曲目から大好きなのよねー。アタクシ大好きなのよー。声がまず超タイプであるし、あと、ぜんぜん上手く説明できないけど、サウンドが重さと繊細さを兼ね備えている感じがするというか。なんだろう。まあとにかくかっこいいのよこのバンド。でも周りで誰かがアルカライントリオのこと話してるのをぜんぜん聴いたことがないのよ。まあ結構前のバンドだからってのもあるかもしれんけど、それにしてもまあ良いのよ。だから私はゴリゴリに推しているのよ。聴いてほしいのよ。でもポップパンクほどポップでもないし、ハードコアほどハードでもないし、グランジでもないしインディーでもないし、どの層に響くのかが分からないのよ。そういう、他と似てない感じが魅力的なのかもしれない。好きなのよアタクシー。

Is This Thing Cursed?

Is This Thing Cursed?

 

ナードマグネットが六月に出すアルバムの新曲がラジオでOAされたとのことでタイムフリーで聴いたのだけど(三分だけ聴ける)なんじゃこりゃあああああああ!!!!!!めちゃくちゃいい。今までの曲のなかでも一番好きかもしれん。すださんが「Bowling For SoupとAmerican Hi-FiSUM41とBlink-182を合体させたみたいな曲」ってツイートしてたけどもう本当ありがとうとしか言えないよこれは。これはポップパンクだよ。すごいよ、超ポップパンクだよ。だいすき。もうだいだいだいすき。早くアルバム買いたい。もう、それだけ。四月五日に先行シングルが出るとのことなのでこれを読んだ人は全員聴いて。というか先にこのradikoのページ(http://radiko.jp/share/?sid=802&t=20190329025000)から聴いて。絶対聴いて。

 

あとたまたまツイートで見かけたATATAの曲を聴いてみたら超〜よかった。ATATAってこんな感じのバンドやっけ? 私のなかのイメージとちょっと違ってた。2015年にアップロードされてるから結構前のやつみたいやけどめっちゃ好みだったのでここに載せておく。これマジで良いな。

www.youtube.com

 

まあ書きたいことといえばだいたいそれぐらいなのだけど、あとは四月にSHIMAのアルバムが出て、五月にdustboxのアルバムが出て、六月にさっきのナードのアルバムが出て、って感じか? なんかもっとあった気がするのだけど。あと四月はヘイスミとテンフィの対バン行くからそれも楽しみ。で、五月は堺ミーティングでしょ。サタニックは迷っている、あと八月のナード主催フェスも。まあ、そんなところです。三月もお疲れ様でした。