ロッカロッコ

パンクロック・メロコア好きの筆者が気に入ったバンドを、邦・洋問わず書き溜めていきます。

【第十九回】Over Arm Throw - Hand in hand

最近ちょっとメロコア記事が減ってたので注入します!!

Over Arm Throw で【Hand in hand】!!!

 

www.youtube.com

 

日本・横浜の3ピースバンド。ジャンルはメロコア。活動期間は2003年からです。

新譜ぜんぜん出してないのかなと思ってたけど、来月に3rdフルアルバムが出るみたいだよ。楽しみだね!

 

高校生のときに、友達が彼らのファーストアルバム「Oath and Night War」を貸してくれて、初めて知りました。

個人的には、すごくバランスの取れたバンドだと思います。パンクさと、重さと、エモさと、メロディックさと。すごくカッコイイよね。

 

 

今回紹介する【Hand in hand】は、ファーストミニアルバムの最後の曲です。

 

本当は一番【ZINNIA】が好きなんだけどね。小学生のときに音楽の授業で習った「パフ」の歌、知ってる?あれを思い出す歌詞です。

今度3歳になる姪がパフ大好きだから、そろそろ【ZINNIA】を聞かせてパンクロックの英才教育させようかと思う。兄夫婦にバレないようにこっそりと。

 

 

話は戻って、【Hand in hand】ですね。メロディーも声も力強くてとっても好き。

MVはタイトル通り、メンバー同士が最初に手を取り合うとこから始まる。そこから3人のカッコイイ演奏が始まるわけですよ。食い入るように画面を見つめる私。

 

曲が終わりに近づくにつれて、メンバーががっしり手を組む映像が挟まれて。笑顔で歌うボーカルとコーラス。楽しそうに話す3人の映像。メンバーの絆がすごく伝わる。

そして3人の顔がアップで写って。メンバーが手を取り合うシーンが白黒でプレイバックされて。またカラーに戻ったら、お互いが今まさに手を叩きあおうと差し出してる。

最高にエモいメロディー、曲はクライマックス。「ハンド、イン ... !」

 

 

顔面バチーーーーーン!!!!!!!

 

 

えぇーーーーーーっ?!?!?!?!

何ーーーーーー?!?!?!

 

顔面ビンタをくらうベース、ドラム。一人だけかわすボーカル、始まる乱闘。止めに入るスタッフ。後ろで流れるエモいアウトロ。そして突然飛び出してきたフンドシ男の「イェーーーーーイ!!!」で曲終了。

最後に女性スタッフに渾身のビンタをくらう、フンドシ男ことボーカル。ギャン滑りのまま終わるMV。

 

 

どないやねん。

 

まあ笑った。とりあえず笑った。さすがファーストアルバムのシークレットトラックであんな訳わからんもんを流すバンドやと。最高。

 

これは曲もカッコイイけど、MVがもう完全に優勝。MVP。MVで爆笑することもそうそうない。というわけで、ぜひみなさん見てください。(完全にネタバレしてるけど。)

 

 

ちなみに私の大好きな【ZINNIA】はコレです。こっちもぜひ聞いてみてね。

ZINNIA

ZINNIA

Oath and Night War

Oath and Night War