ロッカロッコ

パンクロック・メロコア好きの筆者が気に入ったバンドを、邦・洋問わず書き溜めていきます。

【フェス感想】SAKAI MEETING 2019【愛しかねえ】

オイオイオイオイ今年も最高なのかよ。知ってたけど。知ってたけど、最高なのかよ!!!

f:id:snowman18:20190528215556j:image

すみません最初からテンションが上がってしまいました。5月25日、今年も行ってきました堺ミーティング。

 

今年は仕事で連休が取れたので、前日から大阪入りです。ということはつまり、堺ミーティングには直接関係はないのですが、ダストのインストアライブ@タワレコ茶屋町を観に行けたということです。(ついでなので書かせてほしい)

最初と最後の曲以外決めてなかったらしくて、リクエストで即興でやってくれた。「それ弾けない」とか「歌詞が出てこない」とか「間違えるまでやろう!」とか言いながら。笑

20年もやって9枚もアルバム出してりゃ、そりゃ自分の曲も忘れちゃうよな〜!って思って面白かった。新宿行けんかったから、大阪で観れてよかった〜!

 

 

はい、てなわけでここから本題。堺ミーティング当日です。今年は去年の反省を活かし(た訳ではなくたまたま)オープニングセレモニーの前には会場に着きました。

歴代のロゴの板(?)がある!松原さんからのお花ある!去年と配置が違う!など小さなことにもウキウキしつつ、レジャーシート敷いて、グッズ買ったりうろうろしました。去年あんなに楽しみにしてた堺っ子体操は踊らなかった。(せっかくオープニングセレモニー観れる時間に着いたのに遠くから聞くだけだった。。。)

 

最初に観たのはDizzy Sunfist。堺ミーティング前日にあやぺたが結婚・妊娠を発表して、だからこれが妊娠発表後の初のライブ。座って演奏するということで、「うちの分まで暴れてくれー!」と言って始まった一曲目『Someday』。本当あやぺたの分まで、と言わんばかりにダイバーとリフトの嵐やった。素敵!

MCではあやぺたが泣きながらみんなへの感謝を述べてて、私もうるってきたけど、途中で感極まりすぎて自分でなに言ってるか分からんなってて笑ってもうた。というかみんな笑ってた。

『The Dream Is Not Dead』で私のテンションは爆発し、そのあとに『SHOOTING STAR』ってのがまあヤバかったのですが、この二曲のあいだにあやぺたが「喉乾きました」って言うたらスネさんがステージ出てきて水飲ませてあげてて笑った。いやまちゃんがいっぱいステージの真ん中出てきて頭ぶんぶん振ってたのも超かっこよかったし、モアイのドラムもかっこよすぎるし(個人的にシンバルを往復ビンタみたいに両方向から叩くのが好き)、なによりあやぺた、座っててもパンクロックが溢れてる。

しばらくライブお休みなるんは残念やけど、本当の本当におめでとう!!!日本一の、いや世界一の「おかんパンクロッカー」なってくれえええええ!!!

 

さてお次はヤバいTシャツ屋さん。私のことを知ってる人はお察しのことと思いますが、普段ほとんど聴かないのです。でも観たかった、普通に曲かっこいいなと思ってたし。後ろのほうで友達と立って観てた。

で、生で観て、やっぱこのバンドかっこいいなって思った。こやまの声ええなあ〜って。音めちゃくちゃメロコアやなあ〜って。バンド名とか曲名とか歌詞とかで結構偏見あったけど、カッコいいなあって。

そしたらMCでドンピシャその話。「メロコアが好きで、パンクロックが好きで、バンドやってます!」と。でも、バンド名とか曲名とか歌詞とかで、なかなか認めてもらえないと。でも、ユータンが「歌詞とか関係ない、お前らは音楽への向かい方がメロコアや」って言ってくれて、自信を持てたんやと。そして「自分がカッコイイと思うものをやります!」からの『ヤバみ』。アツかった〜〜〜!  個人的にはいまハッピーポンコツ野郎なので『ハッピーウェディング前ソング』でテンション上がっちゃった。良かったヤバT。

 

で、次がdustboxなんですけど、謝らなければいけないことがある。残念ながら、ここから語彙力喪失タイムに突入した。なので書けることがない、そして感想が薄い。

ジョージ側、前から2列目ぐらい?ぜんぶ最高やった。え〜もう、ぜんぶ最高やった〜。好き〜。またスネさん出てきてジョージにビール渡してた。てか最初SE流れたあと、ジョージと腕組んで入場してきて右から左にそのまま抜けてった。なんかもういろいろ笑った。んぁあダストが好き。大好き!!

 

10-FEETも引き続き語彙力喪失タイム。すみません。4月のヘイスミとの対バン、最後2曲しか観れなかったからめっちゃ楽しみにしてた〜。一番オーディエンス多かったんちゃう?ってぐらい人おった。

タクマ、いちいちカッコイイこと言いやがる。てかもうカッコイイ。なに? カッコいいんやけど。好き。語彙力ってなに? 良かった。『1sec.』やり直したんアツかったな〜。くぅ〜!!カッコ良かった!!

 

(※語彙力喪失タイムの間のちゃんとした感想が読みたい人はちゃんとしたブロガーさんとか他の人のツイッターとか探してください。)

 

テンフィのあと、スケートショーケースの前かな、ユータンと梶田さんのMCがあった。

梶田さんから「危険行為、迷惑行為、あのー、痴漢とか。絶対やめてくださいね」ってアナウンスがあって。痴漢は殺すと。俺はもう失うもんなんてないから本気で殺すで、と。言葉は荒いけど、優しさに溢れてるなというのと、主催バンドが直接こうやって言い切ってくれるのは嬉しいなあと。

かつ「危険行為は原則禁止!」と言いながら、ダイブやモッシュを否定しない、止めない、触れない。それもカッケェ〜って思った。これは彼らが作り上げたフェスなんだ、屋根のないライブハウスなんだ、パンクロックの場なんだ、ってめちゃめちゃ感じた。で、やっぱり堺ミーティングって最高やなあ〜〜〜って思った!

 

さて本編に戻り、次は最近ちょくちょく聴いてるMy Hair Is Badを芝生に座って酒飲みながら観てた。ミーハーであれなのですが、『元彼氏として』と『いつか結婚しても』が好きなのでやってくれて嬉しかったです。ノリノリでした。

で、最後の一曲になったときに、いやマイヘア全然関係ないんやけど、大学のときの友達(フェス被りまくってたのに全然会えてなかった)と4年ぶりに再会してめーちゃくーちゃテンション上がった!!!感動した!!!嬉しかったあ〜〜〜。

 

そして友達とちょっと話してからOVER ARM THROWへ走って向かった。いや〜〜〜このあたりも語彙ねえな私。記憶じゃなくて語彙がねえ。

ユータンが水撒きしてくれて涼しかった〜。洋平さんのMCめちゃくちゃよかった。「野外ライブなんて、そもそも迷惑だからね!」って、笑ったけど。でも、頭下げてこの場を作ってくれてる人がいるからこうやって楽しめるんや、って。音量制限とかもある、でもお前らの声は誰も制限できない!って。はぁ〜カッコイイよぉ〜。あと、そもそも野外フェスなんて迷惑なんだから、ここに来てるお前らも全員迷惑なんだ、色々小せえこと文句言うんじゃねえ!みたいなことを言っていた。ありがとう!!って思いながら私はめちゃくちゃ歌った。『Dear My Song』がなんせヤバかった。うん、超よかった。

 

Hawaiian6、芝生で観てたけどしんどくなってレジャーシート戻った、ら、全然ハワイアン聴こえなかった。。。悲しみ。。。とりあえずリハで『MAGIC』聴けただけでもよかった。。。IKKI NOT DEADのロンT買っちゃった。。。(物販のお兄さんがめちゃくちゃイケメンだった。。。)

 

ちょっと体整えてlocofrankを。もうこのあたりから「一日終わっちゃう、堺ミーティング終わっちゃう!」って悲しくなり始めてた。でもロコ、めちゃくちゃ良かった。

去年はSHIMAとロコ被っちゃって、メインステージのロコではなくサブステージのSHIMAを観たんやけど。(メインとサブという言い方が正しいか分からないのだけど。)今年のロコは鉄砲ステージで意外だった。ただめちゃくちゃ激しかった、というか人溢れてたんじゃない? それも当然、なんてったって鉄砲ステージのトリでロコフランクなのですから。

まあ全部最高やったけど、三人体制になったグッフォのことに触れて、「これからのあいつらに歌います」からの『START』はもう胸が熱すぎた。スタァァァァァァァァ!!!アイスタァァァァァァァァトゥナァイ!!!ありがとう!!!!!好きじゃ!!!!!

 

疲れ果ててレジャーシート戻った。完全にBRAHMANのことを忘れて。。。最後の曲ぐらいで「ハッ?!今ブラフやったやん…」ってなった、けどまあ仕方ねえ。メロコアが流れてくると体力を使い果たしがちなのでね。そして今日は何が何でも全力でグッフォを観ないといけないと思い、そのままグッフォまでレジャーシートで寝た。

 

そしてついにその瞬間は来た。GOOD4NOTHING。私が愛して止まないバンド。大好きで大好きで大好きな、そのバンドの、三人体制を初めて観る。

 

河内のおっさんの歌が流れて、そこまではいつも通り。でも、やっぱりちょっとドキドキした。SEが止まって、三人の音が鳴った。四人じゃなく、三人で。それだけで泣きそうになった。ずっと観てきた人がセンターにいない、その寂しさと。三人で新たな姿を魅せてくれる、その興奮と。感情が溢れてくるのが分かった。

 

いつもながら、全部とにかく熱唱した。スネさん、スティック投げたの全部落としてて笑いつつ、緊張してるのかなと思ったりした。

いつも通り楽しく、とにかく熱唱してたのだけど、そんな私が声を止めた曲があった。『THIS SONG'S TO MY FRIEND』。マッキンが、タニーのパートを歌ってた。

 

もちろんそれまで他の曲でもマッキンがタニーのパートを歌ってたとこはあったと思う。でも個人的に、このAメロは思い入れが深くて。一番新しい曲でありながら、タニーの最後のシングルであって。それを今、マッキンが全力で歌ってる。それを聴いたら、それを観たら、泣かんわけないやん。

一緒に歌いたかったけど、涙しか出なかった。それからユータンのサビになって、泣きながら歌いまくった。This song's to my friend、タニーのことを思いながら、目の前の三人のグッフォを観ながら、とにかく歌った。

 

『It's My Paradise』もまた、泣かずにはおれんかった。ユータンが、「Let it go / We can't go / We can't go back again」って歌った。「Look forward this adventure / It's not over」って歌った。10年以上このバンドを観てきて、その歌詞がこんなにも胸に刺さったことはない。

大好きなタニーがおらんなったこと、もちろん寂しいし悲しいけど、これからまた新たな冒険が始まっていく。三人になっても、足を止めずに進み続けてくれる。ここが終わりじゃないんだと、終わらせないでいてくれたんだと。本当に、心の底から「ありがとう」と思った。グッドフォーナッシングというバンドが好きだと、全身で思った。

 

マッキンの『Cause You're Alive』でまた泣いて、全力でLet's go!!!!!って叫んで、大声で歌って。三人体制のグッフォを観終えた。最高の気分だった。このバンドを愛してる、GOOD4NOTHINGを愛してる。その言葉しか出ない。

 

 

それからエンディングセレモニー(またの名を茶番という)が始まった。涙どこ行った?みたいに、また笑いが溢れた。

そして驚きの発表、堺ミーティング in カリフォルニア!!想像を超えてくるなあ〜。こうやってもっともっと夢を見させてほしい!!まあ、アメリカは残念ながら普通に行けへんねんけどさ。。。笑

 

なんか、本当はその一瞬一瞬で感じてたものはもっとあるし、書き足りん気はするけど、私が言葉で表現できるのはここまでかな。(全然できてへんやん、ってツッコミは置いといて)

今年も今年とて、最高の、愛に溢れるフェスでした。来年も5月末やるってよ!行くしかねえな!ではまた。

f:id:snowman18:20190528215328j:image

 

P.S. 翌日はタニーの弾き語りライブが大阪であったから行きたかったけど、予定を合わせられなかった。タニーのライブも早く観たいな。くぅ、好きだ!!!!!