ロッカロッコ

パンクロック・メロコア好きの筆者が気に入ったバンドを、邦・洋問わず書き溜めていきます。

【第三十二回】四星球 - チャーミング

さて、この土日はサマソニモンバス・ワイバン・八食と、怒涛のフェス詰まりですね。私はというと、どうしようもないので家でずっとパソコンをつついていました。悲しくなるのでツイッターはほとんど開きませんでした。

 

元気がほしい!笑いたい!というわけで、モンバスにも2日連続で出演する四星球から【チャーミング】を紹介します。

 

www.youtube.com

 

四星球(スーシンチュー)

日本・徳島の4ピースバンド。ジャンルは一応パンクかな。

結成は2001年。法被にブリーフ姿が特徴の、「日本一泣けるコミックバンド」です。

 

このバンドを初めて知ったのは2008年のモンバスだったんですが、その年が初出場だったらしい。当時は全然知らなかったので、その時間は休憩に当てようと思い、ステージから離れたところでなんとなく眺めてたのを覚えてます。

でも、その離れたところからスクリーンを見てて、「なんやこのバンドめっちゃおもろいやんけ!」って笑ってたのも覚えてる。こんなバンドがいるんだ〜って。

 

今では四国を代表するバンドのひとつとなり、モンバスの常連バンドとなり、今年は1日目のトップバッター、2日目のクロージングアクトを務めています。

しかも今年は、結成15年にしてメジャーデビューもしてしまいました。『メジャーデビューというボケ』というアルバムを引っ提げて。

 

 

もうね、四星球はタイトルがいちいち秀逸。

個人的には4thアルバムの「もはやCDではない」が一番ツボ。【前作で全部出しきった】という一曲目から始まり、最後が【マイナストラック、桃源郷】。ボーナスじゃねえのかよ。

個人的にはそのうちまた自主レーベルに戻ったりしてほしいです。「徳島に帰ろう」とか言うアルバムで。

 

 

YouTubeに公式動画が少なかったんだけど、とりあえず今回は5thアルバム「出世作」から【チャーミング】を選びました。

聴いてもらえれば分かると思うけど、「コミック」だけじゃないんですよ。「泣ける」がちゃんとある。いや、実際に感動して泣くわけではないけど。ガガガSPを彷彿とさせるような、「青春パンク」感があるよね!

 

「やたらとプロフィール書く紙渡してくる女子達」おったおった。私もやったわ。

「0時回ってレンタル屋さんへ部屋着で行く女子達」このくだりもクソ分かる。

「おばあちゃんって泣けるよね」何やねんそれ。

 

ただボケ倒してワチャワチャやって内輪ノリで楽しもうぜ!みたいな感じではなく、曲自体が普通にかっこいい。聞けちゃうというより、聴いちゃうのよね、ちゃんと。

 

なので、もしモンバス1日目で見れなかった人、ぜひ2日目のクロージングアクトで見てほしいです。メジャーデビューしたとはいえ、このバンド見てこそ四国が感じられるはずだよ!!!!!

 

 

(全然関係ないけど、今回紹介するにあたって四星球のMV見てたら、ボーカルがちょっと韓国俳優のソ・イングクに似てることに気付いた。ソ・イングクめっちゃ好きなのに。どうしよう、もうこれから北島さんのイメージでしか見れない。)

 

メジャーデビューというボケ(初回限定盤)

メジャーデビューというボケ(初回限定盤)

 
コミックバンド

コミックバンド

  • 四星球
  • ロック
  • ¥250