ロッカロッコ

パンクロック・メロコア好きの筆者が気に入ったバンドを、邦・洋問わず書き溜めていきます。

【ライブ日記】GOOD4NOTHING 20th TOUR「THIS SONG'S TO MY FRIEND TOUR 2018-2019」@ 1/18 恵比寿LIQUIDROOM

f:id:snowman18:20190118233319j:image

私事ですが、鬱になりまして。

 

っていうのは半分ホントで半分ウソなんですけど、ちょっと激しい音楽は負担が大きいなと感じている数日でございまして。今日のライブもどうしようかなと思ったけど、やっぱり大事なバンドの大事なファイナル、しかもインフル上がりのタニーが頑張るよねってことで。

行ってきました恵比寿LIQUIDROOM。GOOD4NOTHING、ツアーファイナル編でございます。

 

10月にもツアー2日目の新宿ACB行ってて、そのときはブログ書いてないんだけども。(ちなみに最前、ステージに体が乗ってしまうほどの激しさだった)

今回1/18。先日誕生日を迎えたので、このライブは自分へのプレゼントとしてチケット取ってました。誕生日当日の名古屋、ヘイスミとの対バンと迷ったけどね〜。仕事の兼ね合いとかで行けそうになかったのもあり、恵比寿に。ファイナルやし。

 

で、今日仕事を終えてから向かったんですけど。ライブ始まった瞬間に、というかSEの河内のオッさんの歌が流れた瞬間に、分かったことがひとつあって。

 

私、鬱ちゃうわ。

 

SE聞いた瞬間から笑顔やもんね。四人出てきたらもうめっちゃニコニコやもんね。一曲目の『THIS SONG'S TO MY FRIEND』から腕上げて熱唱やもんね。

後ろのほう立ってぼーっと見とこうと思ったけど、なんだかんだ真ん中らへん?でノリノリになってた。三曲目ぐらい(って思ったけどツイッター見たら五曲目やった)の『J.C.』はなんせ一番好きな曲やからめちゃめちゃピョンピョンしちゃうし、やめてよもう体調悪いねんから!って思った(嬉)

 

そっからは、というかまあ最初からなんやけど、とにかく「楽しい」と「歌う」しかなくてニッコニコでした。それ以外には強いて言うなら『A LITTLE BITTER MEMORY OF YOUTH』聴きながら「ユータン抱いて」って思ったかな。

『J.C.』の次に好きな曲っていうと『Flying High』になるかなと思うけど、これもやってくれて、私は涙ちょちょぎれそうでした。出なかったけども、心グググゥ〜!なった。で、もう最後も最後のほう、『One Day I Just』で何かが溢れ出した私はグワァ〜っと前に行ってしまったのでした。鬱なのに(鬱とは言っていない)

 

まあ、最後といってもそれは本編に過ぎないのですよ。アンコールというものがあるのですよ。最高なので。最高なのでですよ。

いっちゃん最後の『Drive Or Scrap?』が始まる前、スネさん見たらめっっちゃくちゃ笑顔やってびっくりした。こんな笑うんやな!って思ったのと、あと、高校生のときに見た笑顔でドラム叩いてるカワジンのこと思い出して、すーげえすーげえ嬉しくなった!!!!!

 

それでいうとMCの中でスネさんが「今年入って10周年」って話してて、ユータンが「そら年取るわけやわ〜」って言ってたけど。そうかあ、あれから10年経つのかあ。そら私も大人になるわけやわ〜。

てか今日めちゃくちゃMC多かったけど(オッさんになってきたから休憩が必要なのかとかインフル上がりのタニーの為なのかとか思ってしまったのは秘密)、スネさんの声あんま聞かなすぎて喋ってても「これ今だれが喋ってる?」ってなる。未だに慣れない。あと前の髪も良かったけど暗い色もカッコいいやん?

 

それにしても毎回思うけど、本当に楽しいわあ。今日とかホンマにちゃんと2時間やった? 30分しかやってないんちゃうん? ってなったし。

なんか、こんな楽しいのって、四人自身が楽しんでくれてるからなんやろうなあ。めちゃくちゃ仲良いよなあ。MCとか絶対前もって考えてきてなさそうな、普通に友達同士で話してる感じやし。笑

 

タニー、インフル治ってほんとよかったなあ。今日ライブできんのかなって、タニーもヒヤヒヤしてたと思うけど、一方で私も自分が行けるのかヒヤヒヤしてた。(熱を出した元彼のお見舞いに行ったらのちにインフルだと判明したため、しかし結局インフルにはかからず何故かメンタルがやられる始末/どうでもいい)

 

うん、本当、今日という場があってよかった。

 

ライブはいつも楽しいけど、いつもいつも、今日が一番楽しかったなって思う。過去と比べてとかではなく、直感的に。

こうやっていつでも心から笑顔にさせてくれるライブハウスという場所を、そしてもちろんGOOD4NOTHINGというバンドを、これからも愛し続けていきたいなあと思ったのでした。

 

2019年も、ブチかましてくださいな!!!!!