ロッカロッコ

パンクロック・メロコア好きの筆者が気に入ったバンドを、邦・洋問わず書き溜めていきます。

Wasted Nights - ONE OK ROCK

ONE OK ROCKの新曲を聴いた。

youtu.be

ほんとは今回出たのはアルバムなんだけど、まだ買ってないからとりあえずこの曲のことだけ。

 

聴く前からツイッターでいろんな感想を目にしてはいて。集約すると「今までのワンオクっぽさが無くなり洋楽っぽくなった」ってとこだったのだけど、それに関しては「なるほど確かに」って感じでした。

それを肯定的に捉えるか否定的に捉えるかというのは、ざっくり言えばもちろん「好みの問題」ではある。もうちょっと細かく言えば、ワンオクの曲の疾走感やギャンギャンした感じが好きだったのかどうかとか、普段から洋楽を聴くのかどうかとか、そういうのが関係してるのかなあと。

 

私はメロコア好きなので、変わらない音楽をずっとやり続けてるバンドってのが大好きなんだけど。でもまあメロコアに限らず、バンドの方向性が変わっていくときってのは色々ギシギシしがちなもんですよね。

幸か不幸か、私はのめり込むほどワンオクが好きというわけではないので、どの曲にしてもわりと客観的に聴ける。曲自体がよけりゃそれで良い。Taka歌上手えなー!とはなるけど、それ以上にはバンドの顔ってのはあんまり見えてこない。

 

でもずっとワンオクが好きやった人にとってはそうじゃないだろうなとも思う。私かて、グッフォとかエルレがこういう新曲出したら「ん?!なんで?!」ってなるし、スッとは入ってこないよ。多分そういうことなんだろう。

もし私が昔っからワンオクの大ファンで、『恋ノアイボウ心ノクピド』や『完全感覚Dreamer』あたりが大好きやったとすれば(ちなみに本当にこのあたりが私は好き)、今回の曲と言わず『Wherever you are』あたりから違和感を覚えてたんじゃないかなと推測したりする。バラードは変化球やからアレとしても。

 

で、「洋楽を目指してんのか」的なことを言う人もいるのかなーと思うけど、そういう人たちはもしかして洋ポップを毛嫌いというか食わず嫌いというか、よく分からないものとして認識してる人もいるのかなーと思ったりもする。そもそもあんまり洋楽を聴かないんだろうな、こちら側じゃなく向こう側と認識してるんだろうな、みたいな。(別にディスる意図はない)

「洋楽っぽくなる」って言葉自体がかなり曖昧なのだけど、まあ言いたいことの雰囲気は分かるし私も思うことある。けど、それをネガティブな響きで発するのは、そもそも洋楽を聴かないから少し抵抗があるってのも含まれてるのかなーと思ったり。

 

私が『Wasted Nights』を聴いたとき、この曲が頭に浮かんだ。(先に言っとくけど似てはいない)

www.youtube.com

この曲はコールドプレイのオルタナっぽさを残しつつ、そこにチェインスモーカーズのパリピ要素(言い方…)が混じってて、絶妙にロックとポップの間を行ってるなあっていう。そもそも最近(?)のコールドプレイ自体がちょっとロックの枠組みからはみ出してるように感じるときもあるけど、それはそれでまあ曲カッコ良いし普通にいいなと思う。

今のワンオクは私の中でわりとコールドプレイのイメージに近いかもしれない。だからあんまり聴くことに抵抗がない。

 

いや、『Wasted Nights』は別にパリピ要素ないけど。でも最新の洋ポップってなんかクラブを連想させる感じが(個人的には)していて、最近のワンオクはそういうとこに寄りつつあるのかなみたいな。これとか。

www.youtube.com

 

結局、今までと違うことをやるとどっかしらから声は上がるよねって。そのバンドに求めてるものがそれぞれあるからね。今回のアルバムにしても曲の良し悪しとかの話じゃなくて、「ワンオクがこれをやった」っていうところがアレなんだろうね。かといってバンドはそれに応える義務もないしね。

なんだろう、ファンは裏切られたみたいな気持ちになっちゃうのかもね、思ってたものと全然違うものを出されると。ワンオクじゃないじゃん、ワンオクじゃなくてよかったじゃん、みたいなね。通ってたラーメン屋が気付いたらパスタメインに提供するようになってたみたいなね。(昔のワンオクがラーメンっぽかったとかそういうことではない)

 

まあでも、じゃあ行く店変えればいいじゃんってとこなのかな。で、時々パスタ食いたくなったときに久しぶりに行って食べてみたら「美味しいじゃん?」って素直に受け止められるかもしれんし。

すげー偉そうな言い方になっちゃったけど、これは人に対してというよりは、自分がそういう考えをこれからも持っときたいなあみたいなとこです。ニュートラルに、良いものは良い、好みじゃないものは好みじゃない、合わないなら無理に応援しない、気が向いたらまた聴く、みたいな。

 

そうね。

 

そうです。タニーが脱退したあとのグッフォはどんな感じになるのかなあとか、タニーはどんな音楽をやるのかなあとか。。。結局はそこに行き着いてしまうのであった。。。

 

Eye of the Storm (初回限定盤)

Eye of the Storm (初回限定盤)